MENU
カテゴリー
アーカイブ

誰のためのYoutube動画投稿か

ということを先ほど考えていた。

仕事を辞めてから、ちょくちょくYoutubeで動画を投稿したり生放送をしたりしていた。
ありがたいことに、何人の方かにコメントをいただいたりしたし、400人ほどの人にチャンネルを登録してもらったりもした。
以前、自分が自殺しそうになった経験をもとに作った「退職代行を使ってみた」という動画は15000回ほど再生された。
「この動画を見たから仕事を辞められました!」という喜んでいいのかわからないお話も何件かいただいている。

ただ、ここ最近はどういう動画を作ればいいのかわからなくなっている。
動画投稿自体はおもしろいから、なんとなく日記のような動画を投稿してはいるのだが、特に再生されるわけでもない。

それはなぜかというと、理由はわかっている。
それらの動画は、誰のための動画でもないからである。

例えば退職代行の動画は、「退職代行の名前を知っているが、実際に使った人の話を聞いてみたく、Youtubeで退職代行と検索した」という人をピンポイントに想定して動画を作成した。
動画内で概要を説明し、詳細を知りたい人にはLINEなどの記録を残したブログを案内する。
あの動画を使うことによって、「退職代行を使ったらどうなるの?」という疑問に答えられる作りにしたのだ。

だが最近の動画はどうだろう?

一昨日くらいに作ったやつ

この動画は「妹から回線速度が遅いと苦情が入ったので有線LANを引いた」というだけの日記の動画である。
当たり前だが、この動画は誰もターゲットになっていない。ただ僕の日記を投稿しただけだ。
そりゃ面白くないよね、というか自分で作った動画ながら、見ていて面白いと感じなかった。
誰にも刺さらない、自分にすら刺さらない動画である。

さて、冒頭のツイートで書いたメモ書きには、最近僕が見たYoutube投稿者のざっくりとした分析が書かれているのだが、やってみて気づいたことがある。
伸びている人たちの動画は、常にターゲットが共通していて、チャンネルに一貫性があり、見たときに何かしらの感情を動かされる。

動画を投稿するにあたって、誰に喜んでもらいたいのか、誰に見てもらいたいのかを、おそらく彼らは意識できているのだろう。
見る人がどう感じるのか? を最初に考えて動画を作れば、チャンネルと動画に一貫性ができるはずだし、大きなズレは出ないんだと思う。

目次

反省

以前大変恥ずかしいことに、生放送中に、「まず私が楽しいことをやっていて、他の人は楽しんでいる私を見て楽しめばよいのでは?」などと述べたことがあった。
これは大変な暴論である。順序が間違っているのだ。

  1. 自分が何かを楽しんでいる姿を見せることによって、他の人が喜んでもらえると考える
  2. 他の人が喜ぶ

という順序であったのであれば良いだろう。
Vtuberやストリーマーはこの戦略をとっている人が多いだろうし、それで成功している人も多い。

しかしかつての僕は、

  1. 自分が楽しむ
  2. 自分が楽しむ姿を見て楽しいと思える人は自分の放送・動画を見ればよい

などという、見て下さる人に対して大変失礼な姿勢を持っていた。
これは非常によろしくない、傲慢(ごうまん)極まりない。

今後

今も、どうしたらほかの人が喜ぶ動画を作れるのか? ということは正直よくわかっていない。
しかしそれを考える姿勢を持たなければならない、今日他のYoutuberを見ていてそう思った。

自分が楽しむためだけに投稿するよりも、自分が楽しめて、なおかつその活動でほかの人を喜ばせることができる分野を見つけて活動することができれば、より生産的だろう。
さらに言えば、他の人を喜ばせることが自分の喜びになれば、それはもっと幸せになれるのだろうから、そこまでいければいいなあと、思う。

誰のためのYoutube活動か?

さて、これを考えなければいけない。
僕がYoutubeを使うことによって、誰を喜ばせることができるのだろう?

例えば僕はADHDという発達障害を持っている。
この特性は一般的な社会生活を送るにあたって大変厄介なものであり、今は薬を飲みながら頑張って働いている。
そういう特性を持ちながら働くにはどうすれば? ということをADHDの人に向けて発信する、というのもありだろう。
借金玉さんなどが良い例である。

ただハウツー動画を作るのもいいのだが、実際に生活している姿を見てもらうというのはどうだろうか?
障害を持っているが毎日コツコツ頑張ってますよ、そういう動画を見て勇気をもらえる人がいるかもしれないだろうし。

この人は発達障害どころか超エリートで勤勉な人であるが、コメント欄を見ると、「モチベーションが上がった」「頑張ろうと思った」という声が多い。
僕もこの動画を見て、「ああ、自分も頑張らなきゃなあ」と感じさせられた。
人が頑張っている姿を見るのは心地よいし、やる気が出てくる。

そしてとにかくテンポが良い。
見ている人を飽きさせないよう、カットや早送りを多用し、BGMに合わせてシーンとテロップを変え、絵作りはどこも丁寧で暗い画面も白い画面もない。
僕が作ったらただの日記となってしまうコンテンツも、見てくれる人のことを考えて編集することによって、映像作品とレベルが上がっているのだろうなあと思う。

夜も遅いのでいったんここで終了とする。
うーん、どういう動画を作っていこうかなあ。
誰が見るのか、見た人をどういう気持ちにさせたいのか、これをしっかりと考えないといけないんだ。

カテゴリー

アーカイブ

この記事を書いた人

群馬県前橋市に住む22歳の男性。
2021年1月にADHDという発達障害だと診断され、
精神障害者手帳3級を取得しました。
普段はブログとかYoutubeとかで遊んでます。

コメント

コメントする

目次
閉じる