MENU
ツイちゃん
twichan
群馬県前橋市在住、22歳の男性。
2021年1月にADHDと診断された。
障害者雇用で働きつつ、Youtubeとか投資とかいろいろやってます。

SIGMA 45mm f2.8 dg dn レビュー・外観編(Lumix S5)

こんにちは、ツイちゃんです!
突然ですが、私、単焦点デビューしました!

カメラのキタムラから箱が届きました!
SIGMA 45mm f2.8 dg dn(中古)
ツイちゃん

た、単焦点だー!!!!

今回購入したのは、SIGMA 45mm f2.8 dg dn。
SONY(Eマウント)とLマウントで使える、コンパクト・軽量な単焦点レンズです!
この記事では、外観・持った感触をレビューしていきます!

ツイちゃん

実はですね、このレンズを買った一番の理由は、コンパクトで使いやすいLマウントのレンズが欲しかったからなんです!

「もっと小さいレンズなら、カメラをたくさん持ち出せるのになあ」

という悩みがあり、それを解決したくて選んだのがSIGMA 45mm F2.8なんです。
なので、まずはそのコンパクトさを伝えるために、外観をレビューしていきます!

目次

購入理由

SIGMA 45mm f2.8 dg dnを買った一番の理由は、「レンズ一本で気軽に撮りたい!」を叶えてくれるレンズだったからです!

私は動画撮影用途でLumix S5を使っています。
純正の20-60のキットレンズだと、以下の課題がありました。

20-60mm F3.5-5.6とLumix S5
けっこう大きい
  • 大きい:20-60は軽量(350g)ではあるが、小さくはない(直径7.7cm×高さ8.7cm)
    別にズームできなくてもいい

なので、純正レンズ・50mmF1.8を買おうとしたんです。
ですが、これは私の用途に以下の理由で合わなかったんですね。

  • 寄れない:最短撮影距離45cmと、気軽に撮るのが難しい距離
  • 大きい:直径7.3cm×高さ8.2cmと、ズームレンズと大きさがほとんど変わらない

純正レンズでは自分に合うものがない。
さて、ほかにどんなレンズがあるだろう・・・?と考えていたら

  • 寄れる!:最短撮影距離24cm
  • 小さい!:直径6.4cm×高さ4.6cm

私にぴったりの素晴らしいレンズを見つけたんです!
それが今回購入した、SIGMA 45mm f2.8 dg dnです!

ツイちゃん

自分の条件にぴったりだったので、迷わず購入できました!

Panasonic 20-60 F3.5-5.6とSIGMA 45mm f2.8 dg dnの大きさ比較

ツイちゃん

手に持った画像です。見てみてください!

20-60 F3.5-5.6 意外と大きい
SIGMA 45mm f2.8 dg dn
手のひらに収まる、キットレンズに比べて半分くらいの大きさ

とにかく小さい!
「フルサイズのレンズでこんなに小さくできるんだなあ」とびっくりしました!

実際にカメラにつけてみると、

ツイちゃん

し、しっくりくるー!!!

なんというか、ものすごいしっくりきます!
軽量コンセプトのS5に、軽量・コンパクトなレンズが合わさって、あるべき姿を獲得したかのような、マッチ感がたまりません!

カメラ装着時の大きさ比較

フードをとって並べてみた図
左:20-60mm F3.5-5.6
右 45mm F2.8 + Lumix S5

フードをとって並べてみると、
20-60mm F3.5-5.6の非ズーム時の長さと、Lumix S5と45mm F2.8を組み合わせた長さがほとんど変わらないことがわかると思います。

20-60mm F3.5-5.6+ Lumix S5
45mm F2.8 + Lumix S5

うーん、実にコンパクトです、最高です!
持ち運びの負担、カメラバックから取り出すときの大変さを一気に軽減できます!

上から見た図(左:sigma 45mm f2.8 / 右:lumix 20-60mm f3.5-5.6)
(レンズの高さが違うので、45mmがさらに小さく見えてしまっていますが)

上から見た図です。直径もかなりコンパクトに収まっているのがわかると思います。

重心が手元にきて持ちやすい!

これはスペックに現れないメリットです。
45mm F2.8を装着すると、カメラがかなり持ちやすくなります!

20-60mm F3.5-5.6を装着した状態。
カメラ本体部分だけを台に乗せ、レンズを浮かせると、
コテン!
レンズは350gと軽いが、長さがあるため、カメラの重さだけで支えられない。
ツイちゃん

20-60mm F3.5-5.6は、スペック上軽いのですが、Lumix S5と組み合わせるとフロントへビーになってしまうようです。
撮影時、常に手首で持ち上げるように保持することになります。

45mm F2.8を装着した状態。
カメラの本体側に重心があり、バランスがとれている。

45mm F2.8は、レンズが軽く、短いので、重心がカメラ側に寄るんです!
重心バランスが取れていると、手持ち撮影をする際、カメラが前に倒れようとする力を抑える必要がなくなるので、手が疲れにくくなります。

ツイちゃん

レンズの重さは100gほどしか変わらないのですが、レンズの重心が本体よりになるので、かなり持ちやすいです!

絞りリングの質感がいい!

上質なクリック音がかっこいい!
(音が出ます)
ツイちゃん

か、かっこいい!

45mm f2.8には絞りリングがついていて、ここを動かすことで絞り値を調整できるんできます。
なんか、なんというか、めちゃくちゃかっこいいです!
カチカチいうクリック感を指先に感じながら、絞れば絞るほど画面の写りがシャープになっていくこの感じ、たまりません!

私は動画メインのユーザーなので、クリック音の関係上、普段はこの機能を使うことはないと思います。
でも、写真を撮るときにはどんどん使いたいですね!
レンズを握った時の、モノとしての上質感が、撮影モチベーションを上げてくれる感じがします!

おわりに

以上、SIGMA 45mm F2.8 DG DNの外観レビューでした。

ツイちゃん

持ちやすく、気軽に持ち出せるレンズとして最高だと思います!

実際に動画・写真で使ってみて、あらためて撮影編のレビューも投稿できればと思っています!
(実は、「今日はいっぱい撮るぞー!」と意気込んでいたのですが、レンズフィルターだけが届かないという大変悲しい状態になってしまい、室内で遊んで一日が終わってしまったのです。かなしい)

読んでいただいてありがとうございました!

Youtubeやってます(2022.04.24)

ツイちゃんです!
最近はYoutubeに日記的な動画を投稿してます。
良ければ遊びに来てください!
(Youtubeへ:youtube.com/c/twichan

コメント

コメントする

目次
閉じる