【Premiere】テロップの再利用・共通パーツ化

こんにちは、ツイちゃんです。
Youtubeを最近再開しました。

「Adobe・Premire Proで動画編集するとき、テロップのテンプレを動画ごとに作るの大変だなあ」
「テロップの書式共通パーツ化して、使いまわせる方法とかないかな?」

再開してそうそう、こんな悩みが出てきたんですよ。

いろいろ調べてみた結果、Adobe公式サイトでやり方が解説されていたので、備忘録としてメモを残します。

目次

使用するソフト・参考サイト

今回使用するソフトは、Adobe Premire Proです。

参考サイトは、Adobe公式サイトのAfter Effectの教材、タイトルグラフィックスの作成です。

手順

Premire Proで字幕をテンプレ化するやり方を解説していきます。

1.タイトルテンプレートを挿入する

適当に撮った動画をあらかじめタイムラインに用意しておきます。

グラフィック→エッセンシャルグラフィックス→基本タイトルを選択し、タイムラインにドロップ。

タイトルテンプレートが挿入できたので、これをテロップ風に加工していきます。

最近気に入っているフォント・漢字タイポス412に、
5px・#333の境界線と、
適当なシャドウを付けたテロップが完成しました。

2.マスタースタイルの作成

続いて、これをマスタースタイル化していきます。

エッセンシャルグラフィックス内の、マスタースタイルからマスターテキストスタイルを作成をクリック。
名前は「漢字タイポス412」と設定してみました。

マスタースタイルが完成しました。

3.テンプレート書き出し

最後に、テンプレートを書き出していきます。
先ほど作成したテキストを選択した状態で、グラフィックス→モーショングラフィックステンプレートとして書き出しをクリック。

名前や保存先をいじって保存します。
今回は、テロップのテンプレートをクラウドに保存し、どこからアクセスしてもテロップを読みだせるようにしました。

4.完成!

これで、共通テロップが完成しました!
右のテンプレートから字幕をタイムラインにドラッグ&ドロップしてくるだけで、

いつもの字幕を一発で読みだせます!

ああ、編集が一気に楽になりそう。
めちゃくちゃ便利な機能です!

おわりに

Premire Proを使って字幕をテンプレ化させるやり方をメモとして残しました。

今回は簡単な字幕を使いましたが、ビジネス風・VLOG風など、有名どころを参考にしてテロップを作れるようになれれば、一気にそれっぽい動画が作れるようになると思います。

次は、おしゃれなテロップ・見出しなどの作り方を調べていく予定です!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

群馬県前橋市に住む、22歳の男性。
Youtubeで配信したり、ブログを書いたりしてのんびり過ごす。
最近就職が決まった。頑張って働く。

コメント

コメントする

目次
閉じる