【経験談あり】タロット占い初心者はこの本を買っておけばいい。

結論から言おう、この本を買うといい。

今これを読んでいるあなたは、タロットカードの教則本を探しているのだろうか?たぶんそうだろう。おめでとう。もう探す必要はない。

タロット占いを習得するためにおすすめの本を一冊だけ紹介する。この本があれば大体何とかなると思う。

タロット解釈実践事典。僕はこの本だけでタロット占いの生配信をやっている。今まで10冊程度はタロットカードの本を読んできたが、手元に残したのはこれだけだ。カードの解釈、占いに必要な予備知識、ほかの本に書かれていることはここにすべて詰まっている。この素晴らしさを紹介していこう。

この一冊にカードの解釈が詰まっている。

初心者がタロットカードの本を買うとき、どういう情報を求めているのだろうか?カードの並べ方、タロットカードのマナーももちろんあるかもしれないが、タロットカードの意味・解釈が一番知りたいことには違いないと思う。

タロット解釈実践事典では、カード一枚一枚の具体的な解釈が大ボリュームで乗っている。他の本に書いてあることはだいたい書いてあるので、これ一冊で十分な情報を手に入れられる。

さらに解釈だけではなく、絵柄に対応する歴史や神話の解説も詰まっている。占いの精度だけでなく、どうしてこの絵柄なのか?その理由も知ることができる。

タロット占いに対する姿勢を学べる。

事典として素晴らしいこの本は、教本としても素晴らしい。タロットカードは暗記するものではないこと、占いに対する姿勢、占い師としてどうあるべきか。様々なコラムが随所に挟まれている。読み終えれば占い師の姿勢がどういったものかを知ることができるのだ。

一冊をずっと長く使える。

辞書のような形をしている解釈事典。付箋や書き込みをしつつずっと使っていくことができる。実際僕もページ全てにタグを貼り付け、占いの解釈に迷ったときにはすぐページを開けるようにしている。

f:id:twichan:20200127151054j:plain

タロット占いの時は必ず近くに置いておく。タロットカードと同じように、長く使っていけば相棒のような存在にできるだろう。

迷わないためにも迷わずこれを買おう。

そこそこの数、タロットの教本を読んできた。しかし、いずれもこの本よりしっかりとした解釈が書かれているものではなかった。

仮に僕がほかの本をもとに勉強していたのであれば、

  1. 深い意味まで書かれていない教本を参考にする。
  2. 情報量の少なさから、カードの解釈に迷いが生じる。
  3. 上達が遅れる。

こうなっていたことも考えられる。(決してほかの本をけなしているのではなく、タロット解釈事典の情報密度が高すぎるだけなんだ)

以上の理由から、

  1. あなたが初心者で
  2. タロットカードの本を探しているのであれば、

迷わずこの本を手に取ってほしい。上達のスピードが上がるだろう。

経験談

この本を参考に人のことを占い続けた。迷ったときは全部これに頼って継続した。

結果、今では(お金はいただいていないが)毎晩生配信で10~15人ほどの人が来てくれ、コンスタントに占わせてもらう状況を作り出すことができた。本当にこの本には感謝している。