MENU
ツイちゃん
twichan
群馬県前橋市在住、22歳の男性。
2021年1月にADHDと診断された。
障害者雇用で働きつつ、Youtubeとか投資とかいろいろやってます。

【読書記録】News Diet-情報があふれる世界でよりよく生きる方法

テーマ:スマホ依存の読書のマイブーム。
今日はNewsDietを読んだ。

目次

本書を読む理由

スマホ依存を脱したいから。

ニュースの有害性を知り、だらだらネットサーフィンをしない動機付けを明確にするため。

読後→スマホ依存を脱するべきだと改めて思った。
ニュースメディアは、人が気になる(クリックしたくなる)見出しを付け、新しい情報を重要な情報と錯覚させて注意を奪い、広告主に売り渡している。
重要な情報を伝えるのではなく、クリックされ広告収益につながるセンシティブな話題ばかりがトップページに並ぶ。
そのような話題のニュースを見ても、自分の力にはならないし、精神の安定を乱すだけ。
だからニュースおよび、広告収益を主とするスマホは断つべき。

反広告

広告・ターゲッティングなどの悪意について記載されていれば読みたい。

読後→営利企業なのでそういうもの。
売り上げを上げたいのであれば広告主の売り上げを上げてあげる必要があり、必然的にニュースはPVを集めるものへと進化していく。
だから広告に悪意があるというよりは、根本的にそういう仕組みになっているので回避不可能。

具体的にどう行動するか

手に入れたとしても自分にはどうにもならない情報、つまりノイズのようなニュースはシャットアウトする。
自分の関心のある得意分野の中・能力の輪の中にある情報を深く仕入れる。

読書の方程式でもそう書かれていたが、情報収集の際には主体性が必要。
受動的にスマホからおすすめされた記事を読むのはやめる。
(多少はPOPとかで思考を誘導されるがスマホよりははるかにマシな)書店に行き、自分で本を選んだり、Amazonの売り上げランキングやレビューを参考に本を選んだりして読む。

自分の興味が向く体系的な知識を仕入れて、考える力を鍛えていきたい。

面白かったポイント

あなたの「個人的なテレビニュース」を編成しよう

もし私が、私個人のテレビニュースを編成しなければならないとしたら、どんな番組になるだろう?(中略)
家族の近況報告。(中略)一日の反省。血液検査も含めた家族の健康チェック。叔母の病状報告。(中略)キッチンの回収プロジェクト。休暇の計画。(中略)
私の「個人的なテレビニュース」は、他の人々に歓迎されるだろうか? もちろん歓迎されるわけがない。
私にとっての重要事項は、他の人々にとっての重要事項とまったくなんの関係もない。
ましてや世界規模の”ニュースメニュー”など、個人個人にとっての重要事項と関係があるはずがない。

News Diet 情報があふれる世界でよりよく生きる方法 67Pより

自分にとって重要なことと、世界のニュースの重要事項(世界の重要事項ではなく、”世界のニュースの”重要事項)が関係あるはずがない。その通りだと思った。

地球の裏の地震よりも、自分が興味のある分野を知ることの方が大事だ。
どうしても他国の大変な目に合っている人が気になるなら、適当な団体に寄付をすればよいのだ。(僕はやらないけど)

おわりに

営利企業であるニュースメディアは、私たちの人生をよくするためにニュースを発信しているわけではない。
”いかに私たちの注目を集めて広告費を稼ぐか”
ということを考えて活動しているのだ。

だから、情報は主体的に選ばなければいけない。
フォアグラのように口に突っ込まれた管からニュースを流し込まれるのではなく、自分で必要な情報を考え、ゆっくりと読み、生活や仕事に活かしていくべきなんだろうなと思う。

コメント

コメントする

目次
閉じる