MENU
ツイちゃん
twichan
群馬県前橋市在住、22歳の男性。
2021年1月にADHDと診断された。
障害者雇用で働きつつ、Youtubeとか投資とかいろいろやってます。

【感想】MB・スタメン25着で着まわす毎日コーディネート塾

おしゃれになりたい!」
と思ったが服のセンス全くなかったので読んだ。

目次

ざっくりまとめ

  • ボトムスは黒・細目を選ぶ(スキニーデニムかスラックス)
  • 靴も黒が良い(革靴、スリッポンなど)
  • 手首・足首を露出するとおしゃれ
    • そのため革靴+インビシブルソックス(足首露出靴下)が頻繁に使われていた
  • ドレス7:カジュアル3

コーディネートを一通り見たところ、スキニーデニム+インビシブルソックス+革靴を合わせておけばボトムスはOKという感じか。
トップスは白のTシャツ・Yシャツをベースに、ニットやジャケット、パーカーなどを合わせておけば良さそうだった。

自分は今後どうするか

以下のものを追加購入して、コーディネートに組み合わせる。

  • ユニクロ・オフホワイトのニット
  • 無印・洗いざらし白Yシャツ
  • ユニクロ・白Tシャツ
  • 大判の2000円くらいの黒ストール
  • ユニクロ・インビシブルソックス

すでにあるアイテムは除外(スキニーデニムと普段使いの革靴、ジャケットやリュックなど)

今までは、革靴には長い靴下しか組み合わせていなかった。
コーディネートを見るに、足首を出すことで革靴の重さを軽減しているように見えたので、インビシブルソックスは必須。
あとはニットに挑戦してみたり、やわらか素材のワイシャツを使ってみたりといったところか。

おわりに

守破離という言葉がある。重要なのはまず守るということだ。
勝手に自己流に走ってしまっては、ただの形無し・型崩れである。

したがっては、本書を参考に、自分の意見を排して、まず教科書通りにコーディネートを組み立てていこうと思う。

モノが増えると管理が大変(特性上、多くのものを持ちたくない)なので、全てのアイテムを取り入れることはできない。
そのため、紹介されていたコーディネートの一部を完全コピーし、将来的にはシーズンごとに同じ組み合わせの服を着続ける運用ができればと思う。

理想をいってしまえば、MBさんとコラボしていた、ミニマリストしぶさんに近い運用がしたい。

サムネイルを見てほしい。
クローゼットに同じ服しかない。
考える必要が一切ない。最高だ。

私の場合スーツで仕事をする必要があるので、ここまで減らすことはできない。
しかし、私服でこれに近い運用をすることはできるのではないかと思う。

これから必要なアイテムを買い集め、不要なものは廃棄する。
シーズンごとの自分の私服を規定して、
「これだけ着ていればオッケー」
という状況にしていければいいなあと思う。

コメント

コメントする

目次
閉じる