MENU
ツイちゃん
twichan
群馬県前橋市在住、22歳の男性。
2021年1月にADHDと診断された。
障害者雇用で働きつつ、Youtubeとか投資とかいろいろやってます。

Lumix S5からX-S10に買い替えた感想。

一週間ほど前にX-S10を手に入れたのでメモ。

目次

Lumix S5を売った理由

Lumix S5

主な用途→動画用途。

  • 動画AFがひどい。本当にひどい。
    • 座って喋る被写体にAFを合わせられないのは致命的だった。
    • 太陽が差し込む室内、キットレンズ(20-60 F3.5 広角端)という好条件で外すのは正直キツい)
  • ズームレンズとセットでも重い。持ち運ぶのが大変。(1kgくらい)

これ以外の機能は大変よかった。
操作系は直感的だから使いやすいし、FHDの動画はファイルサイズが軽くてポンポン撮れる。
防塵防滴・耐衝撃だから気軽に扱えて、キットレンズ・20mmの広角は自撮りでも使いやすい。
手ブレ補正も暗所性能も色も良く、非の打ちどころなんてほとんどない。

そういった多くの長所をぶっ壊すAFの悪さがあった。2020年台に発売されたカメラだと信じたくなかった。

妹にLumix S5で撮った動画を見せた。
開口一番、
「背景が動いて気持ち悪い」
と。
コントラストAFでピントを合わせようとしているため、背景のボケが変化し続けるのだ。
これがきっかけでこのカメラを売った。

Fujifilmにした理由

  • SONY:ZV-E10と迷ったが、手ぶれ補正が弱い、色がYoutubeで見ていて好きではなかったため除外。フルサイズは高くて買えない。
  • 他メーカー:Canon:レンズ高いしサードパーティがない。Nikon:Canonと同じ。Lumix:AFがひどい。
  • Fujifilm:AFはLumixよりはマシ、手ぶれ補正がSONYよりはマシ、小型軽量で色がいい。フィルムシミュレーションを使ってみたい。

上記理由でFujifilmに決定。

X-S10にした理由

購入当時の選択肢は以下の通り。

  • X-E4・X-T30ii:手ぶれ補正がない・バリアングルではないので除外。
  • X-T4:高くて重いので除外。防塵防滴は不要。(雨の中で使ったことがない)
  • X-S10:軽い、バリアングル、手ぶれ補正あり、他メーカーからの乗り換えで使いやすい操作性。

という理由でX-S10に決定。

二週間使ってみた感想

悪いところから。

  • Lumix S5と比べると使いにくい。
    • 動画モードがカスタムダイヤル(C1,2,3)に保存できない。
    • PC・スマホ連携がエラー吐きまくりで使い物にならない。
    • ISOを調整するのにボタンを押さないといけない。Lumixは3ダイヤルあったがX-S10は2ダイヤルのみ。
  • 細かいところの気配りがない。
    • 動画AF・絞り開閉の音がカメラに若干入る。外部マイクで対策可能だが。
    • 動画AFが全体orシングルのみと指定しづらい。
    • 全体モード中に画面タッチでシングルAFを指定すると、全体に戻すのにメニューに入って5秒ほど操作が必要。S5ならワンタッチで戻せた。
    • MF切り替えレバーがない。メニューに入らないとAF-MFの変更ができない。なんだその仕様?
    • シャッターボタンの押し心地が悪い。半押しの前に遊びがあってイライラする。

Lumix G8も使ったことがあるが、使っていて操作系にイライラすることは全くなかった。
Lumixシリーズの使いやすさって最高だったんだなあと乗り換えて実感した。

続いて良いところ。

  • 動画AFが信頼できるのが本当に快適。
    • AFがキビキビ合う、迷わないのが素敵。
    • SONYには劣るんだろうけど、元LUMIXユーザーからすると感動するレベル。
    • カメラを信頼できるってこんなに安心できるんだなあと実感。
  • フィルムシミュレーションが楽しい。
    • カメラ内でフィルムを切り替えるのが楽しい。
    • 動画用途と思っていたが、写真を撮るのも楽しくなってしまった。
    • 色がエモい。なんというか、かっこいい写真を吐き出してくれる。
  • 高感度耐性の考え方が違う気がする。
    • (素人考えです)
    • 他のメーカーは高感度ノイズ=悪とみなしているが、
    • Fujifilmは高感度ノイズを味に昇華している感じがする。
    • よってノイズにストレスを感じない。むしろノイズを見てエモいエモいと楽しめる。
  • 軽い。
    • 単焦点レンズ(35mmF1.4)との組み合わせで700gいかない。70%以下。大変軽い。
    • 持ち運びが負担にならない。=持ち出す回数が増える(最重要ポイント)

結論

  1. 乗り換えてよかった。
  2. LUMIX:完璧で使いやすいがAFが全部ぶっ壊す。
  3. Fujifilm:AFが合うだけで他が許せる。フィルムシミュレーションが楽しい、写真を撮るのが楽しくなる。
おすすめされて初期装備に買った35mm F1.4(F1.4,ISO12800,Blackmist 1/4)で撮影。
なんかかっこいい写真が撮れる。楽しい。

Youtubeやってます(2022.04.24)

ツイちゃんです!
最近はYoutubeに日記的な動画を投稿してます。
良ければ遊びに来てください!
(Youtubeへ:youtube.com/c/twichan

コメント

コメントする

目次
閉じる