狂気のキーボード・HHKB Professional2の開封・感想

f:id:twichan:20200625191116j:plain

HHKB Professional2 無刻印モデルを購入したので、開封と初期の感想を書いていきます。すべてのキーボードの「答え」です。

開封画像

f:id:twichan:20200625191124j:plain

f:id:twichan:20200625191121j:plain

外箱はなんというか普通。ゲーミングキーボードみたいな、ごちゃごちゃとしたおもちゃのような外観をしています。あまりHHKBらしくないなーと感じた。

f:id:twichan:20200625191118j:plain

開けてみると理解させられます。これがHHKB。まず威圧感を感じました。

モノがぽんとそこにあるだけなのに、いままで見てきたどのキーボードよりも存在感が大きい。無刻印のキートップに吸い込まれそうな感じ。

f:id:twichan:20200625191113j:plain

キートップに一切何も書かれていない無刻印モデルですが、右下にはHHKBのロゴがきれいに印字されています。おしゃれ。

f:id:twichan:20200625191106j:plain

背面にはPCと接続するためのUSBmini端子と、マウスなどを指すことができるUSB端子二つが実装されています。USBメモリとかを手元でさせるのは便利だと思う。

f:id:twichan:20200625191116j:plain

そして再度全体を眺めてみる。本当にキーボードの答えって感じなんですよね。ゲームの終盤で宝箱から手に入る、名もなき剣みたいな雰囲気。子供心を射抜く見た目をしています。本当にかっこいい。

うち心地

ありとあらゆるキーボードの完成形。

いままでいくつかのキーボードを試してきましたが、HHKBはゴールです。

キーを押し込むと、スコココという独特な音とともに落ちていく。HHKBは、打ち込んでいくという表現は適切ではありません。キーが落ちていきます。HHKB使ったことがある人はこの表現にしっくりくると思う。

HHKBを買うまでは、このキーボードを使ったらタイピングが早くなるのかなーとか期待していました。しかし、HHKBの本質は疲れにくさにあるのだと思います。

キーが落ちていくんですよ。キーを打ち込む力をほとんど必要としない快適さ。指をキーに乗せればスコンと落ちていく。だから力を入れなくていい。疲れない。

ネット媒体の文章を書くことが趣味の人であれば、間違いなく買ったほうがいいモデルです。私は答えを見つけられました。

実際に使ってみた動画

結論

すべてのキーボードの答えです。文章を書くことが趣味の人は買ったほうがいい。