退職代行を使ってから一週間経ちました。

あわせて読みたい
【使ってみた】退職代行ガーディアンを使って休憩中に仕事を辞めた話
【使ってみた】退職代行ガーディアンを使って休憩中に仕事を辞めた話「退職代行・使ってみた」というこのブログで一番ロックな記事。携帯販売店から逃げ出すツイちゃんの様子を描きます。

退職代行ガーディアンを使い、仕事をやめてから一週間経ちました。あれからどうなったのか、日記を残します。

 

目次

会社から連絡は一切来ませんでした。

退職代行を使ってから一週間たちましたが、会社から連絡がくることはありませんでした。

退職代行から会社に対し、社員に連絡をしないでほしいと通達が行っているためです。

 

健康保険や年金の手続き

会社に健康保険証を送付してから、今日で4日ほどたちます。離職票などの必要な書類は、会社からそのうち送られてくるらしいので、気長に待っています。

どの手続きも2週間以内に行う必要があったかと思うので、はやめはやめに動く予定です。

 

精神面

仕事から一週間はなれると、会社の仕事や同僚のことは思い出せなくなります。

また、一週間ニートをやってみると、時間がどんどん過ぎていくことに気づきます。何もしないとすさまじい勢いで時間が過ぎていき、社会から取り残されるようです。無職の期間は半年ほどとあらかじめ決めているので、しっかり成果を残せるように頑張りたいですね。

 

おわりに

退職代行を使うことによって、一時間もまたずに会社から解放されることができます。

会社に通いつつ、自殺を考えている方は、サービスを使えばすぐ逃げられるので、試してみてください。私は逃げられました。



よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

群馬県前橋市に住む、22歳の男性。
Youtubeで配信したり、ブログを書いたりしてのんびり過ごす。
最近就職が決まった。頑張って働く。

コメント

コメントする

目次
閉じる