アイデア・Eライフ案

元ネタ:小説家になろうに頻出する、異世界のランクシステム×お金を使わなくても幸せの考え方

 

ランク

ランク 収入 社会的立ち位置 備考
A 1000万円超(月収60万円+ボーナス合計5カ月分) 一部上場企業、資本家、ベンチャー、起業家など 上流家庭(差が多き過ぎるが無視) 1000万円超の中でも幅広く階級があるだろうが、今回は無視する。
B 400万円超(月収25万円+ボーナス4ヶ月分) 地元中堅企業、自営業など 上位の派遣社員 中流家庭 僕の価値観の中で年収400万円を超えるのはエリートだし、今後日本人の価値観もそうなっていく。
C 250万円超(月収20万円+ボーナス0.5カ月分、月収16万円+ボーナス3.5カ月分、時給1250円で毎月166時間) 正社員、自営業、派遣社員など 中流~下流 企業に属して働くことができる人はこのライン以上に置かれる。50歳を超えてBランクを超えられれば順調な人生。
D 200万円以上(時給1000円で毎月166時間=週休2日で働いた場合) 派遣社員、フリーター 時給1000円の労働を賞与なし・フルタイムで行った収入をDランクと定義した。しかし田舎で時給1000円の仕事はない。
E 200万円以下(フルタイムでアルバイトをすることができていない場合) ニート、無職、アルバイト等 フルタイムで働くことが難しい人間は一定数いるし、僕もその一人である。

思いついたことを上に書いたが、ざっくりと上のような感じ?

 

内容・この表のなかでのEランクに相当する(今の僕の現状であり、おそらく将来もずっとそうなる)人間が、自分を自分より上位のランクと比べず、いかに自分の幸せを手に入れるかを考えるコンテンツ。

実家に住みましょうとか、安いもの使いましょうとか、こういうことすれば毎日楽しいですよ! とか、自己啓発とかライフハックとか?

パラサイトシングル・子供部屋おじさんは不動産会社のステマだとか言っても楽しそう。ステマかどうかは知らないが。

自己啓発とかライフハックってすでにブログとかYoutubeにあふれてるな、ほかのやつにするか。

 

実際に私はEランクですが、ほら見てください、こんなに楽しく生活していますよ! ほーら私は幸せ! あなたも幸せになりましょう! みたいなことやってればいいのかな、そうするとVLOG/日記、ライフスタイル的な内容になりそう。

 

小説家になろうのランクはかなり親しみやすいようだし、これを自分の世界観に組み込んでしまえばとっつきやすい人もおおいはず。まぁアイデア第一弾、こんな感じでいいや。

 

Eランクの過ごし方教訓(思い付き)

1.他人の人生に敬意を示しましょう。

私たちがたくさんお金を稼がずに幸せに暮らしている、暮らそうとチャレンジできるのは、社会にでて真面目に働き、税金をしっかりと納め、子供を作って教育を受けさせている人たちのおかげです。私たちの生き方は社会から見て特殊な内容になるかもしれませんが、自分たちの生き方をもとに他人を馬鹿にしてはいけません。

2.実家に住みましょう。

もしあなたに帰ることができる実家がある場合、実家に住むだけで収入の必要量を落とすことができます。例えば一人暮らしでアパートを借りた場合、

内容 費用
家賃 40,000
光熱費 10,000
光回線 7,000
食費 20,000
合計 77,000

もちろん人によって違うでしょうが、ざっくりとした計算でも77,000円ほどの出費が発生します。実家に戻ればこれをゼロに落とせますし、浮いた分のお金を家にお金を入れれば両親も楽になるでしょう。また、住める場所を提供してくれる両親に感謝を忘れないように。

 

3.子供を作らないようにしましょう。

子供は選択肢を与えられてしかるべきです。私は勉強が苦手だったので高卒で就職しましたが、大学に行きたいのであれば大学に行かせてあげるべきだし、習い事を受けたいのであれば習い事を受けさせるべきです。Eランクで生活することを選んだ私たちはただでさえお金がありません。そこに、一人当たり2,200万円の教育費が発生するといわれる(らしい)子供を育てる余裕は全くありません。ですのでするなら結婚くらいまでに止めておきましょう。

(文章が苦手であるのでこういう書き方になってしまったが、間違ってはいないと思う。大学に行きたい! ごめんねえ、うちにはお金がないんだよ、行かないと行けないは意味が変わってくるので)

 

とかいう考え方を理屈といっしょにパッケージにして、自分の生き方もこれと一緒に考えていければいいなーと思う。

おわり。