デジタル・ミニマリストを実践してみる

「デジタル・ミニマリスト 本当に大切なことに集中する」を読んだ。

私は頭がよくないので、この本から得られる教訓をざっくりと要約する。

特に、私のような若者の生活に身近なスマートフォンに絞る。

 

デジタル・ミニマリストの要約

  1. スマートフォンを主体的に使うことで幸福感が上がる
  2. つまり受動的にスマートフォンを使うと幸福感が下がる
    1. 受動的なスマートフォンの使い方とは以下の2点。
      1. 「スマートフォンの通知があったから携帯を開く」
      2. 「目的無くSNSのタイムラインを見たりする」
        1. ネットサーフィン
        2. Youtubeを目的なく見る
        3. TwitterやInstagram,Tictokなどを意味なく見る

「なんとなく使う」とか、「通知が来たから携帯を開く」などと受動的にスマートフォンを使うのではいけない。

主体的に、自分の行動を自分で制御してスマートフォンを使うのがよい。

「通知などに惑わされず、自分の意志で現代テクノロジーを活かすこと。」一言でまとめるならこうなるだろう。

 

この本の中では、スマートフォンの依存性から脱却し、主体性をもってテクノロジーに触れる「デジタル片づけ」というプログラムが提唱されている。

  1. 30日の間、必ずしも必要ではないテクノロジーの利用を休止し、
  2. やりがいのある活動や仕事を見つけて楽しむ。
  3. 30日後、休止したテクノロジーを再開させるかどうか? 自分にメリットがあるかどうかを考えながら検討する。

 

なるほど。では30日間やってみる。

 

30日間休止させるテクノロジー

まず、必須であるのと必須でないものを分けて考えてみる。

重要なのは、便利かどうか? ではなく必須かどうか? で分けること

必須

  • Youtubeの生放送
  • このブログを書くこと
  • ブログを書いたことをTwitterに投稿すること
  • Twitterでの「リプライに対する返信」
  • Kindleの読書
  • 家族と少数の友人のライングループの通知(2グループのみ)
  • PCのAdobe Creative CCのアプリそれぞれ
  • 主体的な調べ物「パキラ 水やり 間隔」とか

 

Youtubeの生放送とブログ執筆はアウトプットの手段として必須である。これがないとアウトプットが全くできなくなる。

 

Twitterはルールを作ったうえで使っていこうと思う。

ブログや作ったもの、自分の考えに対する意見をもらえるのは本当にありがたく、休止するのはもったいない。

しかし、無意識に使うとダラダラと長い時間見てしまうことになり、デメリットがメリットを上回ってしまう。

 

よって、時間を決めることにする。毎日20時から10分だけ、TwitterをPCから開く。

  • ブログの更新通知を送り、
  • 自分にリプライを送ってくれた人の文章を確認・お礼を返信し、
  • TLを見ないで10分以内にTwitterを閉じる。

たった10分だけの使用でも、私にとって本当に必要な「ブログや自分のツイートに対する意見の確認・意見へのお礼」はできるのだ。

 

LINEは家族と地元の友人の2グループのみ通知を残し、それ以外の企業アカウントなどの通知を全てオフにした。基本的にいらない。

必須でない

  • 不必要なスマホ・iPadアプリの消去
    • Yahoo news-新聞でいい
    • Youtube
    • niconico
    • Youtube studio
    • Twitter
    • Discord
  • TwitterのTL閲覧
  • Youtubeの動画閲覧
  • 意味のない調べ物「おもしろ動画」「犬 癒し」など
  • スマートフォンの通知

まずスマートフォンから時間をたくさん使ってしまうアプリを全て消去した。

 

ニュースアプリは一見有益そうに見えるが、娯楽的な情報をたくさん見てしまう。家にある新聞の方が効率的だ。

YoutubeやNiconicoの動画アプリも不要。時間を吹っ飛ばされる。気づけばたくさん時間を使っていた経験、あなたもあると思う。

Youtube Studioは自分が投稿した動画の伸び、自分の動画についたコメントをチェックできるツール。スマートフォンで見る必要がない。

Discordはチャットツール。これもスマートフォンで見る必要がないので不要。

スマートフォンの通知は常に切ってある。07:30の朝のアラームと電話着信以外は一切音が鳴らない。家族や友人からの連絡も、テキストメッセージであれば鳴らない。

 

一通り決まったら、やっていいこととそうではないことをメモにまとめて貼りだす。

僕の場合はこうなった。それ以外に必須でないことのすべてを含める。

 

やってみる

上の画像は現在のスマートフォンの使用履歴だ。これを減らせればよい。今現在は、一日3時間くらいの時間をスマートフォンに使っている。多いときは5時間も!

この、「なんとなく、受動的に」テクノロジーを使っている時間を減らしていこう。

Youtubeの生放送とか、ブログとか、illustratorとか、主体的にテクノロジーを使っていく。

充実した生活ができることを願う。