IllustratorのAiデータをAfterEffectsでアニメーション化させる

こんにちは、ツイちゃんです!
おしゃれなテロップが欲しいけど、どうしたら作れるんだろうなあって考えてたんですよ。

「Illustratorでテロップの下書きを作って、それをAfterEffectsでアニメ化させれば簡単じゃない?」

と思ったので調べたところ、やり方があったのでメモしておきます。

今日はお仕事終わりなので、適当な記事です。ごめんなさい!

目次

参考サイト

今回はAdobe公式サイトのIllustratorのレイヤーをシェイプレイヤーに変換を参考にしました。

やり方のメモ

Aiデータ生成→Af取り込み

今回は、あるYoutubeのアニメーションテロップをコピーしたかったので、最初にIllustratorでテロップのトレースを作成しました。
こんな感じです。

動画で動かすことを目的にAiデータを作るときは、パーツを一つ一つレイヤーで分け、全てにわかりやすい名前をつけておくのがポイントです。

次に、保存したAiデータをAftereffectsにコンポジションとしてドラッグ&ドロップします。
コンポジションを開くと、

このようにillustratorのレイヤーごとにレイヤーが分かれています。
ただ、このままではアニメーションを付けることができないので、シェイプレイヤーに変換する必要があります。

シェイプレイヤー変換

Aiのレイヤーを右クリックして、作成→ベクトルレイヤーからシェイプを作成をクリック。

既存のレイヤーが非表示にされ、Aiデータをもとにしたシェイプレイヤーが生成されました。
これでいろいろアニメーションを付けることができます!

のこりのレイヤーも同様の手順で、全てシェイプレイヤーに変更。
Aiのレイヤーはいらないので、削除しましょう。

これで全てシェイプレイヤーに変換できました!
これでいろいろいじりやすくなります。

アニメーションの付与

この後AfterEffectsのデータが全て飛び(保存してなかった)頭がおかしくなりましたが、再度全て作り直してアニメーションを付与しました。

Youtubeで限定公開したので見てみて下さい。

課題

Premiere上で位置の変更がうまくいかないのが課題です。
テロップはとりあえず作れたんですが、それをPremiereのタイムラインに配置した際、テロップをドラッグしても位置・座標が動いてくれないんですよね。

原因がよくわからないので、明日調べてみます。

おわりに

AfterEffectsやPremiereと違い、Illustratorは操作がとても簡単なので、Aiデータで原型を作ってAeで動かすというやり方はなかなか効率的な手段だと思ってます。
これから使えるようにしていきたい。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

群馬県前橋市に住む、22歳の男性。
Youtubeで配信したり、ブログを書いたりしてのんびり過ごす。
最近就職が決まった。頑張って働く。

コメント

コメントする

目次
閉じる