MENU
ツイちゃん
twichan
群馬県前橋市在住、22歳の男性。
2021年1月にADHDと診断された。
障害者雇用で働きつつ、Youtubeとか投資とかいろいろやってます。

2021.09.13/Youtube動物園

偉い人「Youtubeの商品ってなんでしょうか!」

生徒A「動画です!」

生徒B「広告!」

生徒C「スパチャ!」

偉い人「ぶっぶー! 違いまーす! Bくんはちょっとおしい! 正解は……視聴者でーす!」

生徒「えー! 視聴者が商品? 意味わからない! どういうことですか!」

偉い人「えっとですね、皆さんYoutubeをたくさん見るでしょう?」

生徒「見ます!」

偉い人「そうするとYoutubeは、」

Youtube「たくさんの人がYoutubeを見てます! ここで商品の宣伝をしたら、商品がたくさん売れますよ!」

偉い人「こんな感じで、企業に広告を出しませんかって営業するんですよ」

生徒「なるほど」

偉い人「つまり、かんたんに言うと、Youtubeは、Youtubeを見ている人たちの注目を企業に売っているわけなんですね」

生徒「それで視聴者が商品だと言えるんですね!」

偉い人「そうです! ここで問題です。Youtubeが売り上げを伸ばすには、どうすればいいでしょう?」

生徒A「視聴者を増やす!」

生徒B「広告の値段を上げる!」

生徒C「広告の表示回数を増やす!」

偉い人「全部正解です! 視聴者を増やし、広告単価を上げ、広告をたくさん表示されれば、企業からよりたくさんのお金を支払ってもらえます。だから、よりお金をもらえるように、どんどん依存性を高くしていくんです!」

生徒「依存性?」

偉い人「そうです! 依存性です。例えば、かわいいペットの動画がおすすめで出てきたことってありませんか?」

生徒「あります! この前は勉強の調べ物してたら、犬のサムネイルが出てきて、ついついそっちを観ちゃって、気が付いたら夜になってました」

偉い人「勉強のためにYoutubeを使ってたのに、どうしてペットの動画が出てくるのでしょう? それって、あなたにとってうれしいことですか?」

生徒「うれしくないです。勉強に集中したいのに、関係ないことに気がとられちゃいます」

偉い人「それがYoutubeの目的なんです。Youtubeは、なんとなく観ちゃうような動画を、それとなくおすすめに表示させて、ダラーっといろんな動画を見てもらいたいと思ってるんですよ。」

生徒「でも、それって間違ってます! 勉強したい人は、勉強するためにYoutubeを使ってるんですよ!」

偉い人「いいえ、Youtubeからしたら正しい行動です。だって、勉強するぞ! と思っていた人がペットの動画を見てるんですよ。さっきのYoutubeの目標を思い出してください。Youtubeが見せたい動画ってなんだと思います?」

飽きた
こんな陰謀論をいつも考えてしまってます。僕は陰謀論者になってしまったのだ。

Youtubeってさ、なんとなくペットの動画ダラダラ見て、その間に差し込まれる広告をどんどんクリックしてお金使ってねって戦略でやってそうだなーと思った。ねむい。寝る。

追記 今日は一日「本好きの下剋上」っていうWEB小説をずっと読んでました すごい長いねこの小説

コメント

コメントする

目次
閉じる