MENU
ツイちゃん
twichan
群馬県前橋市在住、22歳の男性。
2021年1月にADHDと診断された。
障害者雇用で働きつつ、Youtubeとか投資とかいろいろやってます。

2021.09.12/やっちまった

やっちまった。スマホの失敗だ。

先日お父様のスマホが壊れた。iPhone XR。彼は1年と9か月でその生涯に幕を閉じた。
異常な発熱があり、何をやっても起動しなくなる症状が出た。ドコモショップやApple公式ストアに行ってもだめだったそうだ。非正規修理ストアに持ち込んで分解してもらったところ、
「内部の基盤が焼けてますねー、交換には5万円かかりますよ」
という話になったらしい。つまり買い替えるしかないということだ。

「仕事の電話がかかってくるから、使えないと困る」
という父親。ここで、僕は賢いので、自分が以前使っていたAndroidスマートフォンがあることを思い出した。
さっそくそのスマートフォンを初期化すると、父親にそれを代替え機として使ってもらう準備を始める。
父親のIDでiCloudに保存されている連絡先と写真データをPCにダウンロード、Google Drive経由でクラウド上に保存。AndroidスマートフォンでGoogleアカウントにログイン、クラウド上の連絡先と写真を見られるようにした。
APN設定を行ってDocomo・SPモードで通信できるようにして、LINEやカレンダーアプリもクラウドで移行完了。
これで仕事のスマホとしてしっかり使える状態になった。

初めてやる作業をスムーズにできるってすごい! などと自分のITリテラシーに自惚れていると、父が、
「おい、スピーカーから音が出ないぞ」
と言った。あれ? 音が出ない? うーん、なんでだろう?
ああそうだ、僕は思い出した。そのスマホスピーカー壊れてるんだった。だから僕は機種変更したんだよ。

電話をするために代替え機を用意したのに、その代替え機が電話ができないのであれば本末転倒である。
スマホには二つのスピーカーがある。音楽用と通話用のスピーカーだ。そのスマートフォンは音楽用スピーカーが破損しているだけで、通話用は無事である。だから電話だけはできる。でも、着信音はならない。スピーカーモードでの通話もできない。つまり電話としての機能を果たさないということだ。

いやあ、やっちまった。肝心なところで抜けてるなあと、改めて思った。

さて、新しい機種を見繕う必要があるが、何が良いだろうか。まず、iPhoneは良くないと思う。コスト面で。
そもそもiPhoneは高すぎるのだ。スマートフォンに10万円も出せないだろう。
僕としては、スマホの本体価格は1万円台が理想。どんなに高くても上限3万円くらいが良い。

数年前までは、格安スマホは動作がガタガタで大変ストレスを感じるものだった。だから、お金を出して10万円もする高級スマホを買う必要があった。しかし今はその必要がない。2021年現在、低価格帯のスマホは大変まともに動くようになっている。普通にゲームも動く。画質もきれいだ。
スマホは安くなったのだ。

さて、父親が新しく携帯を買うとしたら何がいいだろうか。個人的にはXiaomiの9Tとかいう携帯を試してもらいたい。1万5千円ほどでそこそこの性能、ネタのような大容量バッテリーが手に入る。どんな感じか、気になっているのだ。

まぁいいや、眠い、寝よう。休日出勤お疲れさまでした。明日は月曜日だ。代休である。

コメント

コメントする

目次
閉じる