MENU
ツイちゃん
twichan
群馬県前橋市在住、22歳の男性。
2021年1月にADHDと診断された。
障害者雇用で働きつつ、Youtubeとか投資とかいろいろやってます。

2021.08.26/ブログ書き忘れてたあぶねえ

危ない危ない、ついうっかり寝てしまうところだった。今週の土曜日、音楽関係の仕事があり、それに使う楽譜を読んでいたのだが、なかなか集中力が必要な作業で、さきほどプツンと集中力が切れてしまった。今日はもういいやと布団に入り、眠気を誘うために本を読み進めていたところ、「あれ、そういえば今日はブログを書いていないな」ということを思い出し、ベッドから這い出て、20分のタイマーをかけ、スタンディングデスクに向き合っているところである。さて、何を書くか。

不安について書こうと思った。さきほど、リビングで、土曜日の音楽の仕事はうまくいくのだろうかと、漠然と不安をもって、体育座りして過ごしていた。しかし、頭の中で少し考えを整理してみると、不安に思っているだけでは何も変わらないのである。それどころか、ただ闇雲にストレスを抱えて、ただでさえ弱い僕のメンタルを余計に傷つけるばかりで、けっしていいことなんて一つもない。であれば、不安に思っている暇があるのなら、その時間と気力を予習に使えばいいじゃないのかと思い立ち、さらに追加で仕事の予習をすることにしたのだった。

我ながら、この思考に自分で至れたのはなかなか良かったと思う。いつもは、不安がひとたび押し寄せると、自己憐憫というか、恐ろしさというか、なんとも言えない怖さにただ潰されているばかりだったのだが、「不安に感じているよりも、不安を消すのに優れた手段はあるはずだ」ということに気付き、それを解消するための実際の行動を始められたのは、なかなか良い思考のクセがついてきたのではないだろうか。

ここ最近は、ちょっとスマホから離れて活字を読んでいる。カーネギーっていう人の本だったり、スマホ依存だったり、漫画でわかる! っていう子供向けの歴史の本だったり、そういった簡単な本をなるべくたくさん読んでいる。そうした中で、先人たちの考えが、自分に少しずつ身についてきたのかなあ。

Youtubeの欠点は、見た後何も覚えていないということである。本を読むときには、ある程度自分の頭で考えないと先に進んでいかないから、なんとなく流し読みしていたとしても、最低限頭に入ってくるものだ。しかし、Youtubeの場合、頭を一切使わなくても勝手に動画は進んでいくので、ちょっと集中が反れてしまえば全て頭から抜け落ちてしまうのだ。そして僕は集中が反れやすいことに定評があるので、Youtubeは学習教材としてあまり向いていないのだろう。

そういえば、昨日、朝30分ランニングをしようという決意をしたが、もちろん達成できなかった。だって朝眠いんだもん。仕方ないじゃないか。

その分、朝いつもより早く会社に行って、誰もいない駐車場を5分位プラプラと太陽の光を浴びながら歩いたり、家に帰ってきてから15分くらいランニングして汗を流したりしたので、まぁまぁ、60点くらいは上げてもいいんじゃないのかなあと思う。

そして、朝30分のランニングは無理だ。僕はそこまで体力がないことを、今日久々に外を歩いてようやく理解した。せめてウォーキングにしよう。いつもより少しだけ早く寝て、ゆっくりと外を歩くのだ。本当は心拍数を150以上に30分間留めておきたいのだけれど、そこまで動ける体力はないので、まずは30分歩く習慣を身に着けていきたいと思う。

昨日は久々によく眠れた。相変わらず深夜に一度と早朝に何度か起きたけれど、それでも普段より睡眠の質が良かった気がする。ぐっすり眠れると、よし今日はお仕事頑張ろうという気持ちになれるので、なかなか良いことだ。良い一日は良い睡眠から始まる。

それもこれも、寝室にスマートフォンを持ち込まないようにしたのが一番良い原因だと思っている。スマートフォンをもっていかないだけで、簡単に入眠の時間を速くすることができる。お手軽ライフハック。みんなもやるといい。

13分くらいしか書いていないが、眠すぎるのでここで筆をおく。(筆は持っていないので、タイピングを終えると書いた方がいいのか、この辺のデジタルに対応した慣用句が普及することが待たれる)このあと録音して寝る。明日も頑張ろう。

コメント

コメントする

目次
閉じる