就職するので、投資のスタイルを書いてみる

こんにちは、ツイちゃんです!
いよいよ来週の月曜日から働きます。頑張ります!

就職したら慣れない環境でドタバタすると思うんですよ。
ですので、あらかじめ投資のスタイルを文章に書き起こしておこうと思います。

「毎月これくらい投資して、貯金はこれくらいキープして……」

という資産計画ですね。

 

私たちは、お金を稼ぐために働きます。

それなのに、
「稼いだお金をどう使うのか?」
ということを把握していないのは良くないので、わかりやすい文章でまとめていきます!

目次

投資スタイル

① 毎月50,000円を積み立て投資
② 生活費で減少した預金を180万円に補填
③ 余ったお金をインデックス投資

社会人になってからの投資スタイルは、この流れでやっていきます。

積み立て投資:毎月50,000円

楽天証券の積み立てNISA。100円で1ポイントが付くので超お得。

毎月50,000円積み立て投資をします。

楽天証券では、積み立て投資をクレジットカード決済すると、50,000円まで1%ポイントが付くんですよね。

積み立てNISAを月間33,333円、残りを特定口座で月間16,667円投資し、限度額50,000円まで積み立てていきます。

内訳としては、

この組み合わせでやっていきます。
いろいろ調べましたが、この組み合わせが私にとって一番自然でした。

この積み立て投資の組み合わせは、原則変えることなく、毎月コツコツと積み立てていきます。

預金:180万円をキープ

さすがに180万あればなんとかなると思う

預金については、常に180万円をキープする目標でやっていきます。

生活防衛資金として、一人暮らしの生活費1年分・150万円を口座に入れて放置。

生活用口座は30万円をキープさせ、クレジットカード支払いや現金の引き下ろしを担当。

生活費で減った分のお金は給料で埋め、再び30万円に戻します。

預金をキープする理由

安心感を得るためです。

この世界はとても厳しいところです。
たくさんのリスクがあります。

私は一人暮らしを辞めて実家に戻ってきたのですが、突然実家が爆発して一人暮らしをしなければいけなくなるかもしれません。

突然わけのわからない病気にかかって、治療にお金がかかるかもしれないです。

そんなとき、とりあえず180万円くらいあればなんとかなる気がします。

ですので、生活防衛資金・生活費として、180万円は常に現金でキープしておきます。

また、現金をキープしておけば、仮に投資したお金が全てゼロになったとしても、手元に180万残るんですよね。

30代・独身の貯金の中央値は77万円だそうです。(厚生労働省)

8年後、30歳になった瞬間にアメリカそのほか先進国が謎の爆発を起こして金融資産が全て無価値になったとしても、

「まぁ、とりあえずほかの人よりはお金あるし、オッケー!」

と前向きに生きられるので、180万円は常にキープしておきます。

余ったお金:インデックス投資

50,000円を積み立て投資し、生活費口座の減少分を補填した上で残ったお金は、全てインデックス投資に入れます。

積み立て投資と違って、こちらは比較的自由に投資していく予定です。
S&P500に比べてIT企業の割合が高いeMAXIS NASDAQ100や、eMAXIS NEO 自動運転やドローンなど、個別株に性質が近いものにもチャレンジしていきたい。

おわりに

① 毎月50,000円を積み立て投資
② 生活費で引き下ろし減少した預金を180万円に補填
③ 余ったお金をインデックス投資

このスタイルでのんびりやっていければいいかな、と思ってます。
実家に戻ってきて浮いた生活費を全て投資にいれていきたい。

お金を稼ぐためにも、頑張って働いてきます!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

群馬県前橋市に住む、22歳の男性。
Youtubeで配信したり、ブログを書いたりしてのんびり過ごす。
最近就職が決まった。頑張って働く。

コメント

コメントする

目次
閉じる