NO IMAGE

伸びなかったからRTするよりももう一個作るべきだ

頑張ってブログの記事を書いたり、Youtubeの動画を作ったりするじゃん。

んで、それをTwitterに投げるわけだ。面白ければRTされて、拡散されて、いろいろな人の目に届く。

「頑張って作った作品。超がんばった! 普段の作品に新しい要素を加えたし、いつもより編集の時間を倍かけた。これは伸びるぞ……!」

「伸びない! Twitterに投稿したのに伸びない! なんでだ! 仕方ない、自分でRTするか…… たまたま目に触れなかっただけだろう。」

たまに僕もこれやるんだけど、基本的に一回目の投稿で評価されなかったものは二回目の投稿でも伸びない。これはなぜか。つまらないからである。

人間がお知らせを拡散するときって、面白かったとか、他の人に広めたいとか、そういう時だと思っている。

最近僕が見たのでおもしろかったやつだとウンバボボ族長のツイートとか。 これ誰が見ても拡散すると思う。おもしろいから。

おもしろければ広めたくなる。みんなが広めるのだ。

評価されなかったとき、PVが伸びないとき、再生されないとき。

これって、偶然じゃなくて、ただ単にコンテンツの質が低いからっていう理由が一番じゃないのかなーって思っている。

だから自分の作ったものを、思ったより伸びなかったという理由でRTするのって意味がないんじゃないのかなーと思う。

努力したものを評価してほしい! とどうしても思ってしまう。だが、重要なのは努力の量よりも面白いかどうかであって、だれも僕の努力とか興味ないんだよね。

それを忘れてはいけない。

自分のtweetをRTして伸びるかなーってTLを眺めたり、頑張っても評価されないうんぬんかんぬんって見苦しい愚痴を吐いたりするのはよろしくない。気を付ける。

そんなことをやっている暇があるのなら改善点を探すなり、もう一個作品を作るなりした方が速い。

マーケティングは重要であるが、本当に大切なのはコンテンツの質である。

質が高まれば自然と評価されると信じる。だから自分のコンテンツの拡散よりも、コンテンツの質を高めることに専念するべきだ。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!