プログラミング界隈の人って怪しい人多いと思った話

というツイートだったり、ツイートのワードにプログラミングと入れておいたりすると、全く知らない人からいいねがついたりしてビックリすることがある。

twitterのフォロワー経由でないことはわかっているから、おそらく「プログラミング」とか「Progate」とかで暇な時間にサーチするなどして、見つけた人にいいねを投げているのだろう。どうしてかなーって考えてみたところ、

  1. プログラミング始めた人に、自分に対して興味を持たせたい。
  2. プログラミングで成功した自分を見せ、教材を買ってもらってお金を回収したい。
  3. 純粋にプログラミング始めた人を見るのが大好きである。

この三つが思い浮かんだ。3だったら気持ち悪いので、おそらく1か2のどちらかだと思う。

プログラミング界隈の彼らのツイートを見てみると、プロフィール欄には経歴と自信の収入が書かれており、固定ツイートには自分の作った有料のnoteや教材などが貼られていることが多い。Twitterで普段から活動し、自分のフィールドに入ってきた初心者に積極的にコンタクトをとっていく。アクティブだなーと思う。

最近はやっていないが、僕はtwitterのログをあさったりするのが結構好きだった。彼らのいいね欄を見ると思った通りで、

  • HTML
  • CSS
  • プログラミング
  • Progate

このあたりの単語にかたっぱしから いいねを手動・自動でつけているように思われる。

  1. プログラミングを始めたぞ! 教材が終わった! やったー!
  2. お、知らない人からいいねをもらえたぞ。どれどれ見てみよう。
  3. すごい!この人は始めて3カ月で何十万円も稼いでいるんだ! フォローしてみよう!
  4. 3カ月で月収20万円を突破する方法が9,000円で売ってる! これは買うしかない!

という流れを期待しているのかなーと思った。

なんとなく書き連ねた。何が言いたいのかというと、そのいいねが自分からお金を取ってやろうというテイカー的考え、奪ってやろうという風に見えてしまうので、僕からすると怖いのである。

彼らのいいねは、どうしても「カモリスト」に見えちゃうんだよね。おお、こわいこわい。