タロットで占った100人の彼らにオススメしたい、たった一冊の本

f:id:twichan:20200215203626p:image

こんにちは、ツイちゃんです。

ぼくは趣味でタロット占いをやっています。レベルは初心者級。

そんな初心者でも、そこそこ他人を占った経験はあるんです。

生放送サービスを使うことで、今まで100人以上の人の悩みに相談に乗ってきました。タロットカードを使って。

そうやって、人の悩みを聞いていると、内容にいくらか共通点が見つかってきます。

下に2つ例を出します。みなさんも、どんな共通点があるのか?考えてみてください。

  • 気になっている人がいて、告白したいと思っている。相手の気持ちを知りたい。
  • 転職先での人間関係がどうなるのか占ってほしい。

簡潔に答えを言います。全部、環境を占ってほしいという内容です。これが非常に多かった。

「うまく行くかどうかを占ってほしい」

と言う人はいても、

「うまく行かせるにはどうすればいいかを占ってほしい」

と言ってくる人はいませんでした。

ぼくはいつもこう考えていたのです。

仮に占った結果が「うまくいきません」だったらどうするつもりなんだろう?

占いが好きなあなたに一つだけ提案します。

占いをやるときは、「どうなるか」ではなく、「どうすればいいか」と聞いてください。

どんな結果でも、明日から実践できます。

この考え方に近い本が一冊だけあります。占いが好きな人はぜひ読んでみましょう。

嫌われる勇気は占いが好きな人に絶対に読んでほしい一冊だ。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

占いが好きなあなたに、人に占ってもらう機会があるあなたに。

嫌われる勇気は自己啓発・哲学・心理学のベストセラー本です。

アドラー心理学を対話形式で会話する本になっています。

全国のどの書店でも取り扱っています。

今までに200万部以上売られました。

あなたが本が好きであれば、読んだことがあるでしょう。

ぼくは占いを始めてからこの本を読み返しました。

占われる人にとって活かせる思想が数多くのっています。

効果的な占いを受けるためにも、この本は一度読んでおくべきです。

この本の占いに生かせるポイントを、1つだけ紹介します。

あの人の気持ちは関係ない。目的論と原因論

「あの人の気持ち」というものを、結構な数、占ってほしいと言われてきました。

  • 告白したい、あの人は自分のことをどう思っているのか占ってほしい。

といった内容。もちろん、相手が何を思っているのか気になるのはわかります。

告白のまえにそれを調べたくて、占いに頼る気持ちもよくわかります。

でも知ったからといってどうするんですか?

  1. あの人の気持ちが良いものだった場合。確認のため、他の占い師にも同じ内容で占ってもらう。
  2. あの人の気持ちが悪いものだった場合。本当はどうなんだろう?他の占い師にも同じ内容で占ってもらう。

占わせてもらえるのはうれしいです。ぼくの経験値がたまるから。

ただ、相談してくるあなたにとって、それは占ってもらう価値があるのでしょうか?

嫌われる勇気では、目的論と原因論という言葉が使われています。

原因論:過去の原因によって今の自分の行動が変わること。

昔に嫌なことがあったから、これはやりたくない。

過去のトラウマによって人生は縛られるという考え方ですね。

目的論:自分の行動のために過去の原因を作り出していると解釈する。

これはやりたくないから、昔の嫌な記憶を思い出す。という考え方です。

今の自分の目的の達成のために、理由をあとづけしているということですね。

あの人の気持ちを占ってほしいという人は、原因論にとらわれています

あの人が良く思っているから告白する。あの人が悪く思っているから告白しない……

どっちでもいいんです。傷つきたくないから占っているだけなんです。

この占い方はあまり好きではありません。

目的論で占いの内容を設定するとこうなります。

  • あの人と付き合うために【自分は】どういうことを心がければいいのか占ってほしい。
  • あの人から好かれるために【自分は】どういう風にふるまえばいいのかを占ってほしい。

ほら、こうやって占いましょう。これなら明日から自分が行動できます。

あの人の気持ちなんて占っても仕方ないんです。人の気持ちは占いによって変わりませんから。

それよりも、自分がどうすれば現状がよくなるのか?って。

それを占った方が、自分で自分の人生をコントロールできますよ!

占いが好きなら嫌われる勇気を読んでほしい。

ということで嫌われる勇気の紹介でした。

これを読めば、他者に依存しない占いの内容を決められるようになります。

占い師としても、相談者としても、どちらの立場でも建設的な占いができるようになるのです。

あなたは占いが好きですか?

もし占いが好きなら、嫌われる勇気を読んでほしい。

間違いなく、今後の占いが有益に、そしてより楽しくなりますから。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え