運動歴ゼロの初心者がエニタイムフィットネスに行った結果

スポーツクラブは怖くない。

エニタイムフィットネス。24時間オープン、マシントレーニングを重視したフィットネスクラブだ。安い月会費といつでも使える点が非常に魅力的だ。運動する習慣をつけたいなーと思っている人も多いと思うが、初めてジムに行くことに対してハードルの高さを感じている人もいるだろう。この記事では、運動経験ゼロ、部活動もずっと文化部、マラソンは下から3割くらいの僕が実際に行ってみた結果を紹介する。


この記事はこんな人向けです。

  1. 初めてスポーツジムに行く人
  2. スポーツジムに持っていく物がわからない人
  3. スポーツジムに行きたいが、不安・抵抗がある人

読めば大体解決すると思います。

服装・持ち物

服装と持ち物を紹介していく。実際これが一番不安だと思う。ここに書かれているものを持っていけば大丈夫。

服装

  • ユニクロの白いパーカー
  • 黒いTシャツ
  • 黒いジョガーパンツ(ハーフパンツやジャージでよい)
  • ランニングシューズ
  • 靴下

服装はランニングできるような恰好であれば問題ない。革靴やスーツは禁止されているので、仕事帰りに寄るなら上のリストを別途持っていくとよいだろう。

持ち物

  • フェイスタオル(必須。忘れがちだがこれは絶対に持っていこう。)
  • シャンプー・ボディソープ
  • 炭酸水ペットボトル

ジム初心者の人が忘れがちなのがフェイスタオル。体はもちろん、運動器具についた汗を拭くのにも使うので、忘れず持っていこう。

入会

入会の方法は非常に簡単。エニタイムフィットネスの入り口にはインターホンがあるので、それを押してスタッフが来るのを待つ。

スタッフが来れば中に案内してくれるので、入会したい旨を伝える。

見晴らしのいいテーブルに通され、簡単なルールの説明、書類の記入、ジム内の紹介を経て入会完了。僕の場合はおおよそ20分程度で終わった。

初期費用はキャンペーンにもよるが3,000円から10,000円ほどだろうか?Webで公式ページを調べてみると、たまに割引が効いていることもある。店頭に行く前に、まず調べてみよう。

スタッフのレクチャー

初心者だとそもそもどうやって運動するのかわからない。僕も全くわからず、初めの方は無人のジムをうろうろしていた。ただの不審者である。

ここでスタッフに声をかけてもらった。筋肉質でさわやかな、ツーブロックの男性。

「初心者であるから何をすればいいのかわからない」と伝える。

そうすると、下のパンフレットを渡された。初心者であればこのメニューをやっていけば効率的であるらしい。

メニューに書いてある器具の使い方も10分ほどでレクチャーしてもらい、早速チャレンジ。

エニタイムフィットネスはスタッフが不親切という評判も時折見られるが、僕の行った店舗では全くそんなことはなかった。

器具の一つ一つの使い方を丁寧に教えてもらい、初心者向けのメニューも渡してもらえ、何も知らない初心者の背中を後押ししてもらえるのだ。

運動

初心者用のメニューを上から順番にこなしていった。軽い有酸素運動、ストレッチ、筋トレ、しっかりとした有酸素運動まで、おおよそ1時間30分ほどで終了 。

初心者でもこなすことのできる程度の運動量だった。具体的なメニューがあるととてもわかりやすい。

  1. ウォーキング 4km/h 10分
  2. ストレッチ 5分
  3. レッグプレス 55kgを15回、65kgを15回
  4. シーテッド・ロー 20kgを15回、2セット
  5. チェストプレス 19kgを15回、2セット
  6. アブドミナル・クランチ 5kgを15回、2セット
  7. ランニング 7.4km/h 25分

以上の内容をやってきた。明日は全身筋肉痛で仕事に臨むだろう。楽しみだ。

レーニングの負荷としては、自分がギリギリ15回できる程度の内容を2セット、インターバルを1分のものをやっていくとよいらしい。

運動を終えて一息ついた後、体が非常にさっぱりしているのを感じた。爽快感。

シャワー

シャワーが備え付けられているので、持参したタオルとシャンプー・ボディソープで体を洗う。20分以内に洗い終えればいいそうなので、焦らず体を洗うことができるだろう。

5分程度で浴び終えた。運動後すぐにシャワーを浴びられる爽快感。素晴らしいね!

退出

そのままフロントを通りエニタイムフィットネスを後にする。スタッフが元気よく「お疲れさまでした!」と言ってくれる。どこか気恥ずかしいが、やりきったぞ!といった感じもあるのでうれしい。


運動歴ゼロでもエニタイムフィットネスクラブはいいぞ!

運動経験のない僕でもとても楽しめた!日常生活に問題ない筋肉(荷物をもって階段を登れる程度)があれば、十分にマシントレーニングを楽しむことができる。

マシントレーニングは、ごつごつとしたその見た目から敬遠しがちな人が多いかもしれない。

しかし実際に使ってみれば、負荷を簡単に調整できるので誰でも楽しめるのだ。

初心者でも楽しく使えるジム、エニタイムフィットネスクラブ。家や職場の近くだったり、通勤経路にあったりする人は、ぜひ一度使ってみてはどうだろうか!

最後にジム内の画像を二枚ほど。雰囲気はこんな感じだ。

f:id:twichan:20190920145521j:plain

f:id:twichan:20190920145514j:plain

年齢層としては20~40代の男性、20~30代の女性が半分ずつくらいだったね。