MENU
ツイちゃん
twichan
群馬県前橋市在住、22歳の男性。
2021年1月にADHDと診断された。
障害者雇用で働きつつ、Youtubeとか投資とかいろいろやってます。

思考力低下②

あわせて読みたい
思考力低下 ふむ、気分が落ち込んでいるというわけでもないのだが、なかなか頭が回らない。やはり周期的に調子の波があるようで、そしてその調子の波はおおよそ3か月単位でやってく...

っていうのを5日前に書いていた。
「まぁ思考力が落ちているけど、鬱にはなってないし、大丈夫だろう」
などと思っていたが、どうやらダメだったらしい。

自分の頭に何が起こっているのか、非常に奇妙な状態だ。
まず仕事でミスが増えた。
ありえないほど増えた。
「痴呆症かな?」って自分で自分が信用できなくなるくらいに増えた。

趣味も楽しめない。
読書しても頭に入ってこない。
ゲームもYoutubeもブログも全部だめ。
今これを書いているのもなんとなくだ。
自分の行動のもととなる理由が消えている。(前回の記事ではこれを”火種”と表現していたが、なかなかいい表現だったと思う)

哲学的ゾンビという言葉を思い出した。
「自分以外の全員はNPC(ノン・プレイヤー・キャラクター、中身がいない人間)なのではないだろうか?」
という、頭の良さそうな人の中の雑談で出てきそうな言葉。
証明できない仮説なのだが、今現在の自分がこれに近い状態だと感じる。

なんというか、意志がとにかく希薄なのだ。意識ではなく意志が薄くなっている。
何がしたいとか、何がおもしろいとかがない。なんとなく、今までの習慣をなぞって過ごしている、まさにゲームに出てくるNPCと同じような状態だと感じてしまう。
そして、「おそらくこの状態は良くないんだろうなあ」と心の中のどこかで焦り・不快感を感じているのだが、それも薄い。
飲んでいる薬の効果だろうか、気分が沈まないのだ。
だがそれだけだ。気分が沈まないだけで、活力も興味も気力も全部削がれ、ただぼんやりとそこにいるような状態になっている。

「なにかがおかしい」と思う。
明らかにおかしい。
体調をモニタリングする目的もあり、今年の始めから手帳に軽く日記をつけ始めた。
その日記は自分の状態を示してくれるのだが、やはり、おかしい。

年末年始はかなり活力があったようだ。
自分なりに頭を使わないと読めない本を読み、特に不満も書かれていない。
2月の初旬くらいから、少しおかしな感じが出ている。
「スマホばっかりいじってすごした」「もったいないなあ」
などと言った記載が増え、読書したとか、運動したとか、動画作ったとか、意識的な行動がだんだんと少なくなっていく。

そして今週、週の始まりから仕事でミスはするし、趣味に対する興味は全て失うし。
ゾンビのような状態になってしまっていた。
今更手帳を振り返ってみると、後知恵ではあるが、明らかに落ちていく兆候が見えていた。
興味・集中がないとできない作業の頻度が減り、頭を使わなくてもドーパミンを出せるスマホに傾き始める。
これが自分の体調の崩れ始めるサインなんじゃないのかなあと思った。

頭の中に言葉が全然湧いてこない。
それなのに、キーボードを前にすると無意識が適当に言葉を続けてくれるのがおもしろい。
(おもしろいと書いているが、全くおもしろいなんて思っていない。おもしろいと書いているだけなんだ。これが非常に奇妙な感覚であるというのをわかってほしい。おもしろいと書いているだけ。おもしろくない。本当に)
こうやってブログを書いているといくらか自分が正常なほうに戻った気がして、気分が楽になる。
(違う、正常なほうに戻った気なんてしていない。”正常なほうに戻った気がしたと書いただけ”なんだ、自分の中で何か思考が動いたとかそんなことはない、ただ勝手に手が動いただけなんだ)

これだ、これが怖いのだ。(怖いのか? わからない。怖いって思っている? いや思っていない だんだん書いていてわからなくなってきたので、この突っ込みは今後無視することにする)
なんというか、自分の実際の行動が、どこから来ているのかわからないのだ。
昨日仕事を抜け出して精神科に行った。職場に大変迷惑と心配をかけてしまった。しかし、そのまま仕事を続けていたらさらに迷惑をかけていた可能性がその時はあったので、良い行動とは言えないのだが、間違った判断ではなかったと思う。

んで、医者と話したのだが、なんだろう、自分が困っていることとは違うことが口から出てきてしまう感じがする。
あらかじめ手帳に、これは伝えておいた方がいいんだろうなあと書いた数行のことはしっかりと伝えられた。
しかし、それ以外の想定していなかった質問には、無意識が勝手に答えてしまうのだ。
これが問題なのだ。
考える前に、自分の中で勝手に適当な答えが作られ、口から出ていってしまう。
反射的に、オート操縦で自分が動いてしまう。
そしてその自動的な行動が正解でない。

ファスト&スローの、ヒューリスティック・置き換えという言葉が思い出された。
本来ではじっくりと判断しなければいけない問題を、頭の中で勝手に置き換えてしまう。
作中の言葉を思い出すと、「フォードの株を買うべきか否か」という問題を、「自分はフォードが好きか否か」という問題に置き換えて株の売買を判断してしまうように。
それが自分の頭の中で、いろいろな場面で起こっている気がする。

落ち着いて考えるように、医者にも会社でも言われた。
落ち着いて、つまり問題を簡単なものに勝手に置き換えず、意識を保ったまま考えるようにっていうことだ。

いろいろ書いたが、早く自分が戻ってきてほしいと思う。
こうやってダラダラとたくさん文章を書いているのも、おそらく考えている自分じゃなくて、無意識が適当に書いているのだ。反射的に打ち出される文章がただ画面上に並んでいくのを、ぼんやりとみているような、そんな感覚。

熱意ある、しっかりとやりたいことが見定まっていて、最低限の思考力を持った、数か月前の自分が早く帰ってきてほしいと、切に思っている(思っていない! 勝手に手が動いて思っていると書いたし、実際思っていると思いたい! でも思っていないのだ、思考は一切使っていない、勝手に手が動いて勝手にこうやって書いたのだ! なにかがおかしい!!!)

Youtubeやってます(2022.04.24)

ツイちゃんです!
最近はYoutubeに日記的な動画を投稿してます。
良ければ遊びに来てください!
(Youtubeへ:youtube.com/c/twichan

コメント

コメントする

目次
閉じる