MENU
ツイちゃん
twichan
群馬県前橋市在住、22歳の男性。
2021年1月にADHDと診断された。
障害者雇用で働きつつ、Youtubeとか投資とかいろいろやってます。

子供向け経済学の本を5冊読んだ。

経済に関する知識がまったくない。

私は21歳であるが、子供向けの本であれば、理解できるかもしれないと思ったので、図書館で借りてきた本を片っ端から読んでみた。

かんたんに感想を箇条書きでメモとして残しておく。

目次

お金の話を13歳でもわかるように一流のプロに聞いたら超カッキ的な経済本になっちゃいました

  • 子どもたちが大手企業の経営者などにインタビューしにいく本。
  • ビジネスモデルや株の仕組みをグラフや図解でわかりやすく解説。
  • さまざまなビジネスに広告が関わっていることをわかりやすく理解できる本。
  • マクドナルドの100円バーガーは客寄せ用であることが理解できた。

良書。おもしろかった。一番最初に最適。難しい言葉いっさいなし。

中学教師が教える「したたかに生きる」ための経済の授業

  • 中学教師が社会科の授業中に子どもたちに伝えた内容を文字に起こした本。
  • 正社員とフリーターの給与の違い、生活コストなどを表にして比較。
  • フリーターを批判し、正社員を目指させるような内容であった。
  • 福利厚生や求人票の見方、休日の解説など、高卒・大卒で初めて就職する人におすすめできる。
  • 東日本大震災の直後に出版されたこともあり、1、2割程度は、震災に関係する内容が書かれている。

別に読む必要はなかった。フリーターと正社員の違いが書かれていたが、すでに知っている知識が多かった。

この先生は中学生に向けてこの内容を教えている。労働基準法や求人の見方を理解していないで就職してしまう人も多いだろう。この先生から教えられた生徒は、かなり知識を持ち、不幸になりづらくなるのだと思う。

子どもに勧めたい。

図解 眠れなくなるほど面白い経済の話

  • 序盤の行動経済学についてのところは、図解が多くてわかりやすかった。
  • それ以降はビジネスモデルの解説も多いが、雑学的な印象。
  • 後半、既存の政権や政治家を批判する箇所が目立ち、これは経済の本なのか? と疑問を抱く。
  • Wikipediaから引用されている箇所もある。

安倍政権に対する批判などが多い。経済の本を読みたいのに、既存政権に対する批判を聞かされては、読む気がなくなる。

あまりおもしろくなかった。

父が娘に語る経済の話

  • 資本家への批判的な立ち位置から書かれているように見えた。
  • 経済の流れを、イギリスの領主・貿易や、銀行などの例え話から解説。
  • 資本家・経営者・経済的強者が儲かり続けるのはおかしいと思い続けろというテーマ。
  • 囚人の経済を通して、どうやって取引や相場ができていくのか? なども勉強できる。

まぁまぁおもしろかった。たとえ話が多く、直感的に理解できるわかりやすい本。

資本家は国を批判するが、いざというときは国に頼るのだ! など、資本家は正義ではないという主張が多く見られる。経済的な強者が絶対的な正義ではないという考えを強く感じられた。

子どもが社会で使い捨てられないように、お父さんが書いた手紙という視点で読めば、とても腑に落ちる本。

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学

  • 高校生(普通科・受験経験有)向けに書かれた本。社会科と大学の経済学をつなげる立ち位置。
  • 普通科の現代社会などの科目を修めている前提で書かれているので、工業高校などの出身者はしっかり理解しながら読み進める必要がある。
  • GDP,貿易赤字、比較優位、国債、金融政策などを解説。
  • いずれもたとえ話ではなく、数字・表を使ってぎっしりと解説している。読むのに体力を使う。
  • しっかり理解しないとわかったという感覚を得られない。

良書。読んでよかった。GDPや国債、貿易黒字などの一般人があまり理解していないことを、理詰めで丁寧に解説してくれる本。

一度目は流し読みが推奨されており、二度目にはしっかりとノートをとって書いて覚えるようにまえがきで指示されている。

よくある本は、読んだだけで頭が良くなった気分になれるが、この本は頭を使わないと読めないタイプの本である。こういう本を真面目に読んでいけば、考える力が養われる気がする。

おわりに

5冊読んだ。

経済学とはなんだろう? 全くわからなかったのだが、間違いなくミクロではなくマクロの考え方であった。

  • ミクロ・一部、小さい
  • マクロ・巨大、全体、大きい

経済学は、自分のお金を増やす考え方ではなく、社会全体のお金の流れを追う学問なのだろうかと思った。

よく、経済学者がお金を実際に稼げていないし、彼らは社長にもなっていないという意見をネットで見る。

しかし、彼らは、経営をするのではなく、経済、つまり世界のお金の流れを見ているから、その批判は若干ずれているのかなあ、と、5冊の本を読んで思った。

Youtubeやってます(2022.04.24)

ツイちゃんです!
最近はYoutubeに日記的な動画を投稿してます。
良ければ遊びに来てください!
(Youtubeへ:youtube.com/c/twichan

コメント

コメントする

目次
閉じる