MENU
ツイちゃん
twichan
群馬県前橋市在住、22歳の男性。
2021年1月にADHDと診断された。
障害者雇用で働きつつ、Youtubeとか投資とかいろいろやってます。

図解 ミスが少ない人は必ずやっている[書類・手帳・ノート]の整理術

「図解 ミスが少ない人は必ずやっている[書類・手帳・ノート]の整理術」は、タイトルの通り、書類・手帳・ノートの整理術が書かれたハウツー本だ。

読み終わったので、かんたんに感想を書く。

目次

個人的な評価:☆☆

  • むずかしさ:☆☆
  • 参考度合い:☆☆
  • 共感度合い:☆☆
  • おもしろさ:☆
  • 総合点:☆☆

この本の本質は、「捨てる→並べる→効率化」だと解釈している。

まずは余計なものを捨て、わかりやすくしてから整理し、効率を上げるというのがテーマだ。

読んでいて、「それスマホでよくね?」というポイントがちょくちょくあった。

この本は2010年に書かれていて、当時のスマートフォンは性能が低く、普及していなかったためだ。

しかし、現代においても書類・手帳・ノートは使われている。

フィスワーカーやビジネスマンで、紙ベースの資料につぶされそうな人には、ぜひ読んでほしい一冊だ。

気になったポイントまとめ

気になったポイントをまとめる。

まず書類を捨てろ

不必要な書類を廃棄することは、ファイリングにとって非常に重要です。それは、ファイリングとは必要な書類だけを即座に取り出せて、はじめて機能するからです。

図解 ミスが少ない人は必ずやっている[書類・手帳・ノート]の整理術 24Pより

まず捨てろ。書類の整理でもっとも重要なこと、それは、書類の廃棄である。

本書では、書類を整理するために「ファイリング」を行うとよいと書かれている。

取引先や案件ごとに書類をわけ、いつでも必要なものを取り出せるように整理するということだ。

どうして書類を整理するのだろう? それは仕事を効率化するためだ。

そして、効率の良い仕事のために、必要でない書類はゴミとして捨てる必要がある。

使わないゴミをファイリングして丁寧に並べても、それはゴミが丁寧に並んでいるだけであって、効率的な仕事の環境とは言えない。

まずいらないものを捨てるところから、整理術は始まるのだ。

自己管理のための手帳

手帳は予定を記入するためだけに使うのではありません。どのように仕事を進めるか、どうすれば効率的かを考えるための自己管理ツールでもあるのです。

図解 ミスが少ない人は必ずやっている[書類・手帳・ノート]の整理術 86Pより

どうして手帳を使うのだろうか? 本書には、手帳を自己管理のために使うと書かれている。

なんとなく予定を記入してスケジュールを管理するだけではなく、仕事を効率化するために手帳を使うのだ。

「いやいや、2020年現在、手帳なんて時代遅れ。スマートフォンでいいんじゃないの?」

読んでいた当初はそう思ってしまったのだが、本書で書かれている手帳のテクニックは、スマホにも通ずるものだ。

  1. To Doリストを作成してやることを整理
  2. アイデアをメモして、会話や企画のネタをストックしておく
  3. かつて書いたことを振り返り、今に活かす
  4. 略語や記号を使って、短くわかりやすくメモ

上のように、スマートフォンでも通ずる内容が満載。

それぞれのページで一貫しているのは、「目的をもって手帳を書く」ということだ。

なんとなくスケジュールを書きこむのではなく、「仕事の効率化」「あとから自分の弱点を確認できるように」など、どうして手帳を使うのだろうか? ということを常に考えさせられる。

仕事を効率化するための自己管理ツールとして手帳を使う。

スマートフォンに使われてしまっている現代人が、思い出すべきことなのかもしれない。

ノートを書いて思考を整理する

「ノートを書く」ことは、仕事を進める上でとても効果的です。得た情報・経験を整理して有効に活用することができ、企画・発想力の向上にもつながります。

図解 ミスが少ない人は必ずやっている[書類・手帳・ノート]の整理術 152Pより

ノートを書くことで思考を整理する。これは、ブログやTwitterにも通ずることだと思う。

自分の頭の中のぐっちゃぐちゃになっている情報を、言葉に書き起こして整理する。そんな作業を毎日コツコツ続けていけば、思考能力が上がるのも納得がいく。

個人的に、ノートの項目で重要だなと思ったのはこのポイントだ。

仕事をしていく上で、考えたこと、感じたことをその日のうちに書きます。そのとき、客観的事実に基づいて書くように心がけましょう。感情的にダラダラと書いていても、論理的思考を養うことはできません。

図解 ミスが少ない人は必ずやっている[書類・手帳・ノート]の整理術 198P

ノートも、日記も、ブログも、ダラダラと書くのではいけない。客観的事実をもとに、あとから読み返した際わかりやすく書くべきだ。

このブログ・読書記録は、「自分のために書くのだから、自分の書きたいことを適当に書く」というスタンスでやっている。

しかし、「自分のために書くのだからこそ、ほかの人や将来の自分が読んだときにわかりやすく書く」という考え方もできると気づかされた。

読書メモ

終わりに

紙媒体から電子端末に移り変わっていったとしても、その本質は変わらないのだなあということを知った。

資料、手帳、ノート、いずれも、「自分はどうしてこの行動をするのか?」ということを意識して行動していきたい。

Youtubeやってます(2022.04.24)

ツイちゃんです!
最近はYoutubeに日記的な動画を投稿してます。
良ければ遊びに来てください!
(Youtubeへ:youtube.com/c/twichan

コメント

コメントする

目次
閉じる