Youtuber・吉田製作所が伸びている理由

吉田製作所というYoutubeチャンネルがある。きれいな聞きやすい声でガジェットを紹介している大手チャンネルだ。

彼のチャンネルが伸びている理由を考えた。

 

同じ話題を10秒程度しか続けない

吉田製作所のYoutubeの動画構成を見ると、

「同じ話題を5秒から10秒程度、長くても20秒程度しか続けていない」

という特徴が見られた。

例外はあるが、基本スタイルとしてはとにかく、一つの話題に対してかける時間が短い。

 

実際の動画より

例えば上のYoutubeの動画の開始1分間の動きを見てみると、、

  1. 0:00- スマホを水没させるハイライト
  2. 0:05- アイキャッチ
  3. 0:07- iphone取り出して見せる
  4. 0:12- iphone開封,iphone 12とProの発売日情報について
  5. 0:25- 箱を回しつつ、iPhone 12 miniなどの発売日について
  6. 0:34- iPhone本体を取り出し、色について解説
  7. 0:55- 公式の画像と現物を並べ、色を比べる

上のように、たった1分間で7回も話題・画面が切り替わっている。

そしてなにより恐ろしいのは、基本的にこのテンポ感が10分以上ずーっと続くことだ。

上のiPhoneの動画を見てみればわかるのだが、18分の間この調子でひたすら解説が続けられる。

 

トークスキルを備えた上で、こんなにポンポンと話題が転換されれば、そりゃ誰だって飽きない。

キリがついたら他のものを見ようと思っても、いつまで立ってもキリがつかない(良い意味で)ので、最初から最後まで見てしまうのだ。

 

編集にかかる手間

吉田製作所の動画は非常に編集・撮影にけっこうな手間がかかっているはずだ。

一つ一つのカットでしゃべることをまとめ、適切な動画を持ってきて、それを全てつなげる編集作業時間は大変長いものになるだろう。

 

Youtubeをやっている君へ

トークスキルがある吉田製作所が、ここまでテンポよく動画編集をしている人だから、誰だってこの動画を見る。

トークスキルがない君が、つまらない話をだらだらと喋っても、他の人にお客さんを取られる理由は理解しただろうか。

 

おわりに

僕の動画が伸びない理由がよくわかったので、もっとテンポよくできるようにがんばります。