MENU
ツイちゃん
twichan
群馬県前橋市在住、22歳の男性。
2021年1月にADHDと診断された。
障害者雇用で働きつつ、Youtubeとか投資とかいろいろやってます。

僕らはそれに抵抗できない

個人の感想です。依存症ビジネスの本。

目次

個人的な評価:☆☆

  • むずかしさ:☆☆☆☆
  • 共感度合い:☆☆
  • 参考度合い:☆☆
  • おもしろさ:☆☆
  • 総合点:☆☆

難しかった。行動経済学やいままで読んだスマホ・ゲーム依存の本に出てきたような知識が多かったように見えるが、ただレベルが高くて読み切れなかっただけかも。

ただ、専門用語のいくらか、例えば行動嗜癖とかオプトイン・オプトアウトとか、ゲーミフィケーションとか、そういうものを解説できるようになっていないので、こういった本はいくらか読む必要があるのかもしれない。

今回新しい知識を得ることはできなかったと書いた。が、出てきた内容を解説できるかどうかといわれると、できない。

この状態、なんとなく知っているが、理解できていない、説明できない状態だ。アウトプットを繰り返して、自分の知識の穴を見つけないといけない。

行動嗜癖(行動に対する依存症)が持っている6ポイントはかなりわかりやすく参考になるので、これを覚えておきたい。

ポイントまとめ

気になった点をポイントでまとめる。

行動嗜癖(こうどうしへき)とはなにか?

嗜癖とは、害があり、それなしでいることが難しくなった体験に、みずから強く執着することだ。物質の接種を伴わずとも、強い心理的欲求を短期的に満たし、その一方で長期的には深刻なダメージを引き起こす行動に抵抗できないとき、それを行動嗜癖と呼ぶのである。

僕らはそれに抵抗できない プロローグ 13Pより

  • 明日早く起きる必要があるのに、ゲームやSNSを辞められない
  • ゲームを辞めたい・引退したいのに、続けてしまう

このあたり。多くの社会人・学生はスマホの行動嗜癖を持っているんじゃないのかなあ。

依存症と何が違うの?

行動嗜癖(behavioral addiction)とは、精神作用物質ではなく、ある特定の行動や一連の行動プロセスを依存対象とする依存症である。病的ギャンブリングやインターネット・ゲーム障害、窃盗癖、買い物、暴力、自傷、性的逸脱行動、過食・嘔吐、放火、携帯電話など、実に多岐にわたる様式がある。

https://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E8%A1%8C%E5%8B%95%E5%97%9C%E7%99%96 より

本の中から解釈できなかったので調べた。行動嗜癖は、精神作用ではなく、行動を依存対象とする依存症である。

スマホ依存症とか、ランニング依存症とか、そういうものを含めるイメージか。

行動嗜癖の6ポイント

行動嗜癖には6つの要素がある。
第1に、ちょっと手を伸ばせば届きそうな魅力的な目標があること(第4章「目標」)。
第2に、抵抗しづらく、また予測できないランダムな頻度で、報われる感覚(正のフィードバック)があること(第5章「フィードバック」)。
第3に、段階的に進歩・向上していく感覚があること(第6章「進歩の実感」)。
第4に、徐々に難易度を増していくタスクがあること(第7章「難易度のエスカレート」)。
第5に、解消したいが解消されていない緊張感があること(第8章「クリフハンガー」)。
そして第6に、強い社会的な結びつきがあること(第9章「社会的相互作用」)。
現代の行動嗜癖は実に多種多様だが、こうした要素を必ず1つは備えている。

僕らはそれに抵抗できない プロローグ xiiより

本書では行動嗜癖の要素が例をだして解説されている。行動嗜癖となるものには、上に引用した6つの要素が含まれているらしい。すごい! ゲームやSNSなど、全て満たしているようなものじゃないか! 

例えばSNSは、

  • 自分の投稿した文章・写真に、いいね! がつくかどうかは他者次第、ランダム。 正のフィードバックがランダムで発生する
  • フォロワーが増加していくのを見て、段階的に進歩していく感覚がある
  • コミュニケーションツールとして、強い社会的な結びつきがある

という要素を見事に満たしている。なるほど、依存してしまうように作られているのか。

ということで、実際に、Twitterの画面のいいね・RT・通知バッジをCSSカスタマイズで非表示にしてみた。こうすればTwitterの依存性を少しはマシにできるだろう。

ゲーミフィケーション

人間のもつ気質こそが、私たちをスマートフォンやタブレットやビデオゲームの奴隷にしているのだが、同じ気質を逆手にとって、食生活を改善する、運動量を増やす、効率よく働く、他人に親切にする、お金を節約するといったよい行動を促していくことができる。

僕らはそれに抵抗できない プロローグ 368Pより

行動嗜癖の特徴を逆手にとって、自分がやりたいことをできるようになれる! これは素晴らしいことだ。

人生をゲーム化するとか、そういうタイトルの書籍・記事を見たことがあったが、おそらく、このゲーミフィケーションのことを指しているのだろう。

行動嗜癖の6つのポイントを理解し、自分が習慣にしたいものに取り入れていけば、理想的な生活習慣を得ることができるのではないか?

辞めたいならトリガーを離す

ルーテンバーグはクレオパトラを檻から出して様子を見ることにした。数時間、または数日、檻から引き離す。するとクレオパトラは強迫的な行為から解放されて、研究室に連れてこられたときと同じ、ふつうの健康的なサルになった。

僕らはそれに抵抗できない プロローグ 60Pより

脳の快楽を司る部位に電極を挿入され、檻の中のレバーを倒すとそこに電流が流れるようになったクレオパトラ(サル)。檻の中にいたときはエサや水に見向きもせずにレバーを倒していたが、檻から出されるとそれが元に戻った。檻の中がトリガーになっていたのだ。(檻の中に戻すと、再びレバーを倒す作業に戻った)

本書ではベトナム帰還兵のモルヒネ中毒も取り上げられている。ベトナム帰還兵は、アメリカに戻ってから、モルヒネ中毒がほとんど再発しなかったそうだ。それは、トリガーがベトナムの自然や飛行機の音、湿度や温度と重なっていて、アメリカでの全く違う生活ではトリガーが引かれなかったから。

何かを辞めたいときは、それをすっぱりと見えないように隠してしまうのが大事なんだろう。タバコを止めたいときはタバコを処分して見えないように、お酒を辞めたいときはお酒を処分して、ゲームならゲーム機をといった風に、自分を誘惑から遠ざけるようにしないといけない。

僕はゲームを辞めたいので、まずゲームを削除、アンインストールすることにしよう。惰性でやっているので、あまりおもしろくない。辞めたいものは距離をとってしまうのが大事という教訓を得た。

おわりに

依存するには訳がある! 辞めたいなら体から引き離そう! というわかりやすい教訓を得られたが、頭のレベルが上がればもっと知識を得られると思う。数年後にまた借りたい。

難しかった。

Youtubeやってます(2022.04.24)

ツイちゃんです!
最近はYoutubeに日記的な動画を投稿してます。
良ければ遊びに来てください!
(Youtubeへ:youtube.com/c/twichan

コメント

コメント一覧 (2件)

  • よくまとめられてますね!
    僕も時々、YouTubeを見すぎることがあったので読ませてもらいました!

    行動嗜癖は僕も初耳でした。
    「行動嗜癖」の特徴≒「ゲーミフィケーションの特徴」というのは気づきでした。
    モチベーションがなかなか上がらない時は、行動嗜癖の要素で何か取り入れられるものはないかな〜
    と想像してみようと思います!

    あとは、「辞めたいならトリガーを離す」の項目も共感ですね。
    自分は来年の2月ごろ、10日間の瞑想合宿に参加しようと思って
    過去の参加者の記事を読んでるんですが、ほとんどの人が「スマホとかゲームの依存症が改善した」
    と書いてますね。10日間瞑想だけやるしかない!という環境が脳の報酬系を正常に戻したんでしょうね…

    またYouTubeライブなどでお邪魔しますね〜
    ありがとうございます。

  • 小林さんだ! こんにちは!
    10日間の瞑想合宿はとても強烈ですね! たしかに、それを通せば依存症とは離れられる気がします。
    僕らはそれに抵抗できないの中でも、ネット依存の人のために、リスタート(P66あたり)という6週間かけてネットに適切な形で触れられるようにするプログラムが紹介されています。
    やはり、長期的にテクノロジーから離れたほうがいいと考える人は、多いのかもしれませんねー!

コメントする

目次
閉じる