MENU
ツイちゃん
twichan
群馬県前橋市在住、22歳の男性。
2021年1月にADHDと診断された。
障害者雇用で働きつつ、Youtubeとか投資とかいろいろやってます。

ほどよく距離を置きなさい

個人の感想です。

嫌われる勇気とかと似ている部分が多かった、多分本質的なことなんだろうなあ。本質ってなにかしらんけど

目次

個人的な評価:☆☆☆

  • むずかしさ:☆
  • 共感度合い:☆☆☆☆
  • 参考度合い:☆☆☆
  • おもしろさ:☆☆
  • 総合点:☆☆☆

嫌われる勇気・幸せになる勇気、「人はいつ死ぬと思う? 忘れられたときさ!」(ワンピース)など、自分の知っている知識とつなぎ合わせて楽しむことができた本。

弁護士の人が書いた本だけれど、一つ一つの言葉が優しく丁寧で読みやすかった。嫌われる勇気と合わせて読みたい本。

気になったポイント

個人的に気になったところをまとめる。

どうして「ほどよく距離を置く」のか?

他人に関心を持ちすぎたり、自分の意見を押し付けたりすると、相手の中に土足で踏み込むこととなりトラブルとなるから。

たとえば、鍋底を洗わない嫁に腹をたてる姑(しゅうとめ)と、鍋底は洗わなくてもいいと思っている嫁。(中略)不協和音が響き始めます。(中略)このとき、「ああ、この人は、鍋底を洗う(洗わない)人なんだな」と理解するだけで、状況は一変します。

ほどよく距離を置きなさい 59Pより

相手の考え方を変えたりするのではなくて、「この人はこういう人なんだな」とただ理解して、それで終わりにする。

非常に大事な考え方である。相手の踏み入ってほしくないところに突っ込んでいくべきではない。

嫌われる勇気だと、「課題の分離」に近い考え方かしら? その課題が遂行されないことによって、誰が迷惑を被るか考える。迷惑を被る人がその課題を持っている人であり、他人の課題には足を踏み入れないという考え方。

過干渉は良くない。相手を変えるのではなく、自分が変わるしかない。

いまどう動くか?

人生の中で起きたつらいできごと、家族や伴侶との問題、人間関係の不和を解決する糸口は過去にはありません。過去の栄光にすがっても未来はみえません。「今どう動くか」ということにしか、答えは無いのです。

ほどよく距離を置きなさい 22Pより

今にスポットライトを当てるというのは、本質的なことなんだと思う。

過去を悔やむのでもなく、未来を恐れるのでもなく、今にスポットライトを当てる、いろいろな本で書かれているし、この人もそう書いている。

「あのときこうしていれば」と考えても生産性がないので、今どうするか? ということを意識して考えるようにしたい。

人間は弱い生き物で、特にその中でも僕はかなり弱いので、昔のことを思い出してクヨクヨとしたりすることが多い。

しかし、かつての失敗を思い出してなにか改善できたことがあっただろうか? いやない。 やれることは今やるしかないんだろうね。

読書メモ

おわりに

日本初の女性弁護士の人が書いた本。丁寧な言葉で人生の教訓が綴(つづ)られている。

いろいろなビジネス書や自己啓発本を読んだ後に読んでみると、それらとは一風違う、優しい言葉で書かれた共通点を見つけられる。

楽しい読書体験をすることができるだろう。

Youtubeやってます(2022.04.24)

ツイちゃんです!
最近はYoutubeに日記的な動画を投稿してます。
良ければ遊びに来てください!
(Youtubeへ:youtube.com/c/twichan

コメント

コメントする

目次
閉じる